2017/09/10 00:59:00(2017/09/08 48:59:00)

ウェブディレクター必見!?Webディレクションで必須な、たった3つの能力とは?

明日は、我が社の18周年の日。
といっても、すでにブログ執筆が遅れているので、もう記念日ですが・・・。
ただ、今泉兄としては、まだ9月8日は終わっていませんので、会社設立日の前日の気分で書かせて頂きます!

しかも、書き終える頃は、日が変更に・・・。
月日の流れるのは、ほんと早いモノで、気づけば、オヤジになっていましたよ。
一番古い記憶は、確か、幼稚園の近くの病院で、目がやばい・・・って言われた日の事ですね。

今泉兄、目が大きい?瞳が大きすぎて、失明するかも・・・という事がありまして。
父と母の目をひとつづつ移植するとか、しないとか。
そんな事があったような、そんな記憶だけが残っています。

おかげさまで、問題なく、視力が落ちまくった程度で済みましたが・・・。
これは普通に目が悪くなっただけで、瞳の大きさの病気なのか、問題とは別でして。
普通にゲームをして、目が悪くなって、今もパソコンばかり見ているので、目が悪くなって。

さらに、スマホの画面を見すぎて、老眼になったな~と、自覚して。
もう、スマホの画面を見ないようにするぞ!ってブラウザを削除して。
でも、ついつい、PWAの調査だなんていいつつ、ゲームをしてしまって・・・。

さらには、ついつい、ドルの為替相場を見たり、持っていないビットコインの価格を見て、あの時買ってたらな~と後悔して。
でも、おかげさまで、明日で起業して18周年ですよ!
って、もう今日ですが・・・。

いろいろありましたが、この辺は次回の18周年ブログで語るとして。
本日の話題は、起業する前の日という事で。
起業する前の夢、そうです、ホームページ制作会社になるって夢ですよ!

気づけば、見事、その夢、叶えているじゃないですか!?
そこで、コラムでは、ウェブサイトの構築をお手伝いするうえでの重要な役割、ディレクションについて語ります。
ずっと、自社サイトでも、クライアントさんのサイトでも、感覚としてやってきましたが。

今一度、ここで整理をするという意味でも、ウェブサイトのディレクションについて考えてみたいと思います。
そして開発日記では、各社さんのウェブサイト構築を担当させて頂いていますが、なぜ、そこを本業にしないのか・・・ってお話しです。
ホームページ制作という側面から、今泉兄の歴史を語ります。

そして、長かったダイエットの報告の序章。
準備運動は遂に終了して、本編に入る直前という事で。
あ、前日の食事レポートなので、さらにもう1日、ダメな報告が続くんでした・・・。

DIGITAL STREET

★開発日記★我が社がホームページ制作会社にならない、その理由とは。

始めに作ったホームページは、なんだっただろう・・・。
1995年の終わりか、1996年の初め頃。
インターネットを体験するイベントスペースで、アルバイトをしていた時ですね。

インターネットはもちろん、パソコンの操作もわからず飛び込んだ、この世界。
インストラクターという事で、接客重視で、採用してもらいまして。
今泉兄以外のスタッフは、みんな、何かしらの経験者だったので、全員が先輩でして。

気づけば、1年後には、その中で、誰よりもホームページが作れるようになっていました。
そこでの経験が、初めてのホームページ制作でしたね。
パソコンを持ってなかったので、誰よりも早くに出社して、パソコンやインターネットの勉強。

そこで出会ったデザインが出来るお客さんと仲良しになり、相棒となり、ホームページを立ち上げました。
そのイベントスペースのホームページも、スタッフのみんなで作りましたね。
さらには、その時の相棒の知人の保険代理店のホームページも担当させて頂きました。

いきなり、稼ぎましたよ、いくらだったか忘れましたが、ホームページ制作がお金になった瞬間。
その時から、ホームページ制作会社になりたい・・・と、夢見るように。
ただ、この時、検索エンジンの会社に入りたい、ヤフーに入りたいって夢も抱いていたんですよ。

その後、そのイベントスペースが終了し、いくつかのバイトを転々として。
その時、イベントスペースの先輩が紹介してくれたのが、富士通の子会社。
その会社のイントラのホームページ担当として、派遣スタッフとして、参加させて頂きました。

後に、その会社の社員になりまして。
その際、今泉弟が、この業界に入り、同じ会社で派遣として参加しまして。
この間も、裏では、今泉兄弟で、保険代理店のホームページを、引き続き担当させて頂いていました。

なので、本当なら、ホームページ制作会社をやりたかったんですよ!?
今泉弟とセミナーにいって、有名なホームページ制作会社の社長の講演に感銘を受けまして。
すぐに、その会社の社長に会いたい!と連絡して、実際に遊びに行き、入社したい・・・とお願いしましたよ。

でも、言われました。
素人と同じレベルなので、当分の間、ずっと下っ端で、ひたすら雑用だと。
良いホームページを見まくるところからのスタートだと。

ただ、君たちは良いモノを持っていると。
なので、本当にホームページ制作会社をやりたいなら、自分たちでやってみましょう!と。
1年後、きっと、その夢が叶っているはずだ!と。

うれしい言葉であり、残念でしたが、そこから燃えましたね。
あこがれている会社に入れなかった事は仕方ないのですが、その社長に会えたという事実。
セミナーの講演をしていた本人と今、そこで話しているという事実であり、夢が叶った瞬間。

そして、1年後、本当に、今泉兄弟は起業したんですよ。
その社長の言った言葉通りに。
ただ、違っていたのが、ホームページ制作会社では無かったこと・・・。

そうです、ケータイ検索サイトOH!NEW?を立ち上げ、起業したんですよ!
その時はもう、ホームページ制作会社ではなく、検索エンジンが夢になっていました。
もう一つの夢、ヤフーに入りたいという夢が無理なら、自分で検索エンジンを作って成功する、これが今泉兄の夢になっていました。

そして、今泉弟の夢も同じく、検索エンジン。
残念な事に、その夢は実現し、そして夢で終わってしまったんですけどね・・・。
さらに、その事で、気づけば、もう一つの夢である、ホームページ制作会社になっている現在。

各社のウェブサイト構築を担当させて頂いているので、完全なホームページ制作屋さんです。
でも、この夢はもう、今泉兄の夢ではないんですよ。
会社を存続させるための手段であり、目的は別のところに。

そうです、サイトでもう一度成功する事。
検索エンジンは、ひとつの機能として、もちろん諦めていませんが。
さらに一回り大きな、サイトとしての成功が夢なんですよ。

それが、新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジスト。
デジストの一部は、ディレクトリ型のキーワードの集合体。
ある意味、検索エンジンの機能も搭載されています。

そこに、チャットとタイムラインを搭載して、同じページや、同じ検索結果を見ている人同士が、コミュニケーションをとれるサービス。
同時体験を共有する、それがデジストです。
このデジストをいずれ仮想世界にして、今泉兄の夢が完結します!

なので、ホームページ制作は、この夢の一つの要素でもあるので、続けてはいきます。
自社サイトなのか、クライアントさんのサイトなのかの違いですので。
この仮想世界という、大きな世界を作るノウハウは、必ず必要とされる事なので。

そこに向かいつつ、その過程で、ホームページ制作屋もやる。
いや、ホームページ制作屋をやる事で、仮想世界を形にするという夢に近づく。
持ちつ持たれつですね。

なので、ホームページ制作会社にならないというよりは、ホームページ制作会社だけにはならない。
自社サイトを運営している、ホームページ制作会社というのが、答えかも知れません。
きっと、形は変わっても、一生、ホームページを制作している人生だと思います。

以上が、今泉兄の歴史であり、夢であり、今後のビジョン。
実は、あの時、HTMLを書いた時から、この人生は決まっていたんだと思います。
始めにホームページの背景色、バックグラウンドカラーを変更した時、今泉兄の人生が書き換わったんだと思います。

DIGITAL STREET

★コラム★ウェブディレクションに必要な、3つの能力とは?

いろいろな企業、そして個人の方々のウェブサイトを担当させて頂いている今日この頃。
自社サイトだろうが、クライアントさんのサイトだろうが、やる事は同じ、ホームページを作る事。
企業のコーポレイトサイトなのか、何かしらのサービスサイトなのか、メディアなのか、オウンドメディアなのか、何なのか。

どちらにせよ、重要なのは、サイトの完成がゴールの場合は、ウェブディレクション。
もちろん、サイトが完成した時からがスタートなので、終わりなき、戦いなのですが。
とりあえずは、サイトを公開するところまでを、考えてみましょう。

ちなみに、我が社の場合は、今泉弟とエンジニアスタッフの、この二人は、ディレクションもできる優秀なプログラマー。
今泉兄がいなくなって、我が社は存続可能だと思います。
いや、むしろ、今泉兄がいない方が、二人の給料がアップする・・・。

でも、我が社は、自社サイトで成功するというビジョンがありますので。
この夢だけは、今泉兄がディレクターとして、必要とされていますので。
というか、今泉兄の夢であり、今泉弟の夢であり、我が社のスタッフみんなの夢ですので。

しかし、クライアントさんのサイトは、ほんと、二人がディレクターもできるので、うまく進みます。
ほっといても、今泉兄が関わらなくても、ビジネスが進みますので。
でも、今泉兄もせっかくなので、参加させて頂く場合があります。

最近も、新規プロジェクトをお手伝いする事が決まりまして。
今、まさに、企画が進み、いくつかのサイトを同時に構築するところだったりします。
さらには、自社サイトも、同時進行で構築を加速させますので。

そんな事もあり、今一度、ディレクションについて、考えてみたいと思います。
そのうえで、では、どんな能力が必要なのか・・・って事でして。
どんな人が向いているのか!?って事でして。

デザインの事がわかり、プログラムの事がわかり、ネットビジネスの事がわかる。
もちろん、あるに越したことはありませんが。
こんな能力は無くたって、大丈夫ですよ、時間が解決してくれますので。

それよりも、この3つだと思うんですよね、今泉兄が思う、3つの能力です。
この3つを持っている人、いや、持っていなくても、持とうと意識できる人。
さらには、持つために努力できる人、それが今泉兄の求めるディレクターです。

では、一つ目。
やはり、コミュニケーション能力だと思います。
結局、仕切る、仕切る、仕切る!の一言ですので。

クライアントさんだったり、サイトを作りたい!って方の、想像しているサイトを形にする。
まずは、クライアントさんとのコミュニケーションができないと、話になりません。
何を求めているのか、そして、何が目的なのか。

時には、クライアントさんが思っている事を否定する時も必要です。
その先を感じて、丁寧に説明する事。
さらには、極端な例を出して、どの辺が気持ちいいかを、わかってもらい、共有してもらう事。

しかも、その目的を実際に形にするために、今度は、デザイナーだったり、プログラマーだったり。
いろいろな制作者に割り振り、進捗管理をし、形に近づけていく必要があります。
これまた、コミュニケーション能力が、とっても必要です。

下手したら、スタッフ全員の健康管理すら、担当する必要がありますので。
その他、時間の管理、予算の管理、あ、これは配分も含め、限られた予算内で形にするって意味で、ディレクターも担当する事になりますので。
営業はざっくりと大きな予算、ディレクターが細かな配分って事で、予算管理もディレクションの一部だと思います。

という事で、ディレクションは、人生相談と同じ。
依頼主と、制作チーム全体を、どう最適化して、スムーズに繋げ、形にするか。
個々の人生相談ができるくらいに、コミュニケーション能力が必要だと思います。

例え今、その能力がなくても、そうありたい、そうしようと思えるかどうか。
ここを面倒だと思ったら、向いていませんね・・・。
人との関係を面倒だと思わない人、それが優秀なディレクターであり、優秀なディレクションができる要素だと思います。

続いては、吸収力。
新しい事、新しい技術に関して、どん欲に調べ、聞き、覚えようと思う心があるかどうか。
知らない単語について、理解して、自分のモノにしようと思えるかどうかが重要です。

今、ネットの事がまったくわからなくても、ディレクション出来ると思いますよ。
この能力さえあれば、なんだって、できますよ。
デザインでも、プログラムでも、まったく知らなくても、先ほどのコミュニケーション能力があり、吸収力があれば、すぐに自分のモノにできます。

細かな事がわからなくても、知ろうとする力が大きければ、大きいほど、すぐに覚えますので。
その過程では、コミュニケーション能力があれば、みんながフォローしてくれますので。
『知らないという事』を知っているという認識があり、その『知らないという事』を、『知っている事』に変えようって意識があれば、問題ありませんよ。

そして、『知らないという事』を、みんなに言える事。
その事で、みんながフォローしてくれて、気づけば、知っている事になりますので。
今の時代、検索すれば、たいていの事は知識としては身につきますので。

後は、少し時間をかけ、経験し、自分のモノにする。
始めは、着させられている状態でも、後に自ら着こなすようになりますので。
書籍を買い、ネットで調べ、自分への投資ができる人、それが吸収力となります。

そして、最後は思いやり・・・。
これにつきます。
コミュニケーション力があったとしても、思いやりのない、やり取りは、意味がありませんよ。

いつでも相手の身になり、自分のように感じる事、感じさせてもらえる事。
そういったディレクターは、みんなが助けてくれますので。
一見仕切っているようで、仕切らせて頂いているという事を、いつでも感じる事。

チームあってのウェブサイト構築。
クライアントさんあってのウェブサイト構築ですので。
自分が今、生かされている、活かされているという事を、日々、感じてください。

しかし、この3つをわかっていても、つい、忘れる・・・。
ついつい、手を抜く・・・。
それが人間の嵯峨ですよ。

なので、今泉兄は、いつも自問自答。
調子に乗っている時ほど、自問自答。
そろそろ、瞑想をおぼえ、反省する時間を、増やしたいと思っています。

自分本位になってしまう時も、多々あります。
面倒に思ってしまう事も、たくさんあります。
対価であり、売上によって、態度が変化する事も、日々あったりします。

でも、今一度、そこじゃない部分を感じましょう。
お金以外に、経験という場をくれたと思えば、それだえでも感謝に値しますので。
情報をくれたという事は、信頼しているという事以外に、何もありませんので。

もっと、人にやさしくしないとな~と、日々反省しています。
良い人になる、演じていますが、仙人になるぞ!って決めて、かれこれ、20年以上。
別れてしまいましたが、相棒と共にスポンサーを探した際に、雑誌アントレを見て連絡をくれた、とある社長に言われたひと言で、今泉兄の人生は変わりました。

君は、お金のことしか言わないな・・・。
スポンサーを探しているので、当たり前なのですが、若き日の今泉兄は、お金をくれ、お金をくれと、それだけだったんだと思います。
でも、その社長、今泉兄を引き受けてくれると約束してくれたんですよ。

そこで今泉兄は、悟りましたよ。
もう、お金はいらない、仙人になろうと。
そうしたら、この社長の言葉が正しいなら、お金は勝手に入ってくる。

実際、その通りに、仙人になり、良い人になり、全部、芝居ですが、演じていますが、そうして生きてきました。
良い人って言われると、当たり前だと思うくらいに、良い人を演じています。
なぜって、目標が良い人なので、当たり前なんですよ、良い人って言われるのは、目指しているので、そうなります。

でも、やはり、人は人。
欲望の塊で、つらく当たったり、イライラしたり、人に優しくできなかったり。
お金が無いと、心が狭くなり、焦り、ビビリ、逃げ出しはしませんが、何もかもが嫌になります。

でも、最高のディレクターになると決めましたので。
最高のマネージャーになると決めましたので。
世の為、人の為、クライアントさんがサイトを作る為に、立ち上がりましょう!

ウェブディレクターの皆さん。
そして、これからウェブディレクターになろうと思っている皆さん。
心は一つ、ウェブサイトが有効利用されたときの、あの瞬間に立ち会える事。

その日まで、会話して、覚えて、思いやる事。
そこに、専門用語は必要ありません!
そこに、技術とかセンスとかは、求められません。

あるのは、チーム、それだけです。
チーム今泉兄は、若干名、募集中。
お金が無いので、経験を求めている諸君、激安だけどうまく行ったら考えるので、ぜひ、ご参加を!

DIGITAL STREET

★ダイエット報告★ダイエット190日目。いざ本番を迎えると、なんだかデブでも良い気がしてきました。

長年連れ添った、この脂肪。
もしかしたら、新陳代謝で、実際は、入れ替わって、別の脂肪になっているのかも知れませんが。
痩せると思うと、なんだか寂しいですね。

一度、痩せたら、もう戻れません。
この世にはリバウンドという現象があり、いつでも戻れますが、もう戻りません。
そしたら、こうやって、お腹の脂肪をつかめなくなるんですね。

夢が叶うという事は、失う事もあるんですよ。
そう、忘れもしない、いや、いつかは忘れましたが、あの夜の事。
やっと、ほぼ無給で、生活費ギリギリの状態で、サイトを運営してきましたが。

やっとやっと、給料が人並みに、いや、もしかしたら、年齢的には、それ以上に。
これだったら、結婚指輪、給料の3倍だと、相当な指輪が・・・なんて、思っていたあの夜。
プロポーズ直前で、フラれてしまった、あの夜。

ケータイ検索サイトでナンバーワンになるという夢が叶った事で、彼女が去っていきました。
原因は別のところなのかもしれませんが、その原因がわからないという事自体で、終わってたんですよね。
なので、夢が叶うという事は、何かが見えなくなり、そして、何かを失うんですよ。

脂肪を失う。
デブという、この体を失う。
たぶん、この事で、何か、大きな何かを、今泉兄は失うはずです。

今は、それが何なのか、わかりません。
痩せるという事は、良い事だけではありません。
きっと、何か、失うんですよ、デブ以外に、脂肪以外に、大きな何かを。

でも、やるしかありません。
健康の為、いやいや、違います。
健康という面では、今の体重、ぜんぜん、健康ですので。

風邪もひきませんし、まだまだ、足腰丈夫です。
むしろ、この脂肪を装着しての生活で、筋肉がついているのかも知れません。
腰が痛いのと、肩が痛いのは、職業病で、パソコンのやりすぎ、運動しなさすぎって事ですので。

モテたい為、いやいや、違います。
痩せたらモテるのは、痩せた事での副作用のようなもの。
誰だって、デブから痩せたら、そりゃー、多少はモテますって。

なので、モテるために痩せるのではなく、痩せたからモテたってだけの事。
ダイエットに成功した事で、副産物として、モテちゃったってだけだと思います。
なので、実は、モテたい!って言ってましたけど、痩せたらモテる!ってだけなんですよ。

じゃ、何のために、痩せるのか。
実は、大学受験と同じように、意味がわからないので、進まないんですよね。
その事で、見事、最終学歴は、今ではもうない、船橋予備校卒業になりましたので。

でも、今回は、意味がなくても、痩せる事にしました。
痩せる事で、ダイエットの意味を探そうと思います。
痩せた事で、何かがわかるんだと思います。

そんな今泉兄の前日の食事ですが。
ランチは、菓子パンを3個ほど頂きまして。
夜は、かた焼きそばでした。

身長:163cm
体重:70.8kg(±0kg)
体脂肪率:28.0%(-0.3%)
ウエスト:95.0cm(±0kg)

いや~、いつもとは違ったテイストで書いても、結果は同じ!?
ダメでした!!!
って、当たり前ですが・・・。

いやいや、これで終了ですよ、ほんと、序章が終了。
といっても、次回の体重報告は、本格ダイエットの直前の結果なので、まだダメな結果ですけどね。
その次、9月10日の発表から、徐々に、徐々にですが、行きますよ!

マジで、これでダイエットしないと、ほんと、痩せませんので!
もう、忘れましたが、次回のダイエット報告、いや、夢の活動報告って事で、仕切り直し。
99個の夢を一つづつ、99日間かけて発表するのですが。

そこで、なぜ、ダイエットが夢なのか、全貌がわかりますので。
今泉兄も忘れてしまっているので、過去のブログを元に、解説します。
なので、冒頭でお話しした、痩せて、その意味を知るのではなく・・・。

次回、なんと、その意味がわかるんですよ!
過去の今泉兄と通信しますので。
過去のブログが今、蘇ります!

という事で、次回、といっても、この後、書きますが。
そこで、ダイエットの目的が明らかに。
そう、次回からが、全ての本番です!!!!

ディレクターといえば、聞こえがいいですが。
実際は雑用係、縁の下の力持ちとして、みんなを支える業種です。
でも、一番やりがいのある、そして、一番地味な職業です。