2017/08/29 04:52:00(2017/08/27 52:52:00)

長続きして痩せるダイエット方法を模索。エンタメ系で楽しく、痩せましょう!

眠い・・・。
相当、眠い・・・。
でも、どんどん、遅れに遅れているので、ブログ執筆が。

本日は、頑張らせていただきますよ。
でも、ほんと、最近は、体にガタがきたというか、しんどいんですよ。
前日の土曜日も、なんだか、急にお腹の左下が痛くなりまして。

やばい、これがもしかして、盲腸なんじゃないか!?
激痛と共に、倒れまして、10分くらい、もがいていました。
で、確認したら、盲腸は右の下腹部・・・。

右下は、まったく痛くありませんでした!
単に食べ過ぎのような・・・。
結局、10分後には、けろっと治って、健康そのものに。

たぶん、ブログを書く姿勢が良くなく、単なる筋肉痛だったような・・・。
ただ、肩も痛いし、腰も痛いし、もう、この脂肪を支える体ではなくなったんですよ。
なので、痩せるか、脂肪を支える為の筋肉をつけるか。

どちらにせよ、運動するしかないんでしょうね・・・。
しかし、食事制限も、日々の運動も、なかなか進みません。
基本、食べたい人なので、体質的に食事制限は向いていないと思います。

となると、運動。
そこで、今日は、ダイエットに適した運動を考えたいと思います。
もちろん、エンタメ系じゃないと、面白くないので、エンタメ系の運動という事で。

単なるアイデア出しなのですが、そこから実現可能なダイエット方法を見つけましょう。
という事で、コラムはダイエット方法の模索。
開発日記も、サイトのダイエットを強引に考えましょう!

そして、ダイエット報告は、もう、休眠状態ですが・・・。
もう少しだけお付き合いください。
9月9日には、大幅に変化しますので・・・。

DIGITAL STREET

★開発日記★サイトのスリム化は、実は次の課題でもあります。

コラムがダイエットの話題なので、開発日記も強引にサイトのスリム化って事にしましたが。
そうそう、忘れていましたが、サイトのスリム化も、今後の課題。
書籍が1冊しか見つからなかったのですが、まだ購入していませんが、あったんですよ、サイトのスリム化の本が。

これ、次に買う本として、狙っています。
チラ見したのですが、技術的な事、サイトがどのような構成で、なぜ重くなっているかの解説本。
さらに、どう、スリム化したらいいかのテクニック本のような感じ。

1冊しかなく、他の本と比べる事はできませんでしたが、完璧のような・・・。
ハード面やインフラ面の事も書いてあったと思うので、いい感じです。
これでまた、一つ、今泉兄のレベルがアップするんですよ。

特に、これから構築する自社サービスは、どれだけサクサクしたサイトにできるかって事でして。
元々、ケータイ検索サイトを運営する為に作った会社なので、その文化は、搭載済み。
基本、ページを軽く作るって事は、誰よりも意識しています。

でも、広告収入がメイン収入になるので、実は、相当大変な作業になるかと。
スリム化にしつつ、広告売上を最大限にするという課題なので、無限の可能性もあり、無限の対策があり、大変な事になりそうです。
でも、一から構築するサービスなので、ま~、徐々に、売上を上げていくって事で、計画してみましょう。

例えば、そろそろバックナンバーを含め、再開予定のエンタメ動画を紹介するブログ。
以前は、YouTubeの動画を、そのまま掲載していました。
すると、20個くらいの動画を1ページで紹介する事もあったので、もう、重くて重くて。

そこで、次回は、このような仕組みにします。
画像は動画窓と同じ大きさのサムネイルを表示して、サムネイルを押すと、動画窓に入れかわる仕組み。
これだと、無駄なトラフィックが発生しないので、サクサクになるんですよ。

しかも、サムネイルが押された際に、カウントできますので。
再生したって事がわかるので、ジャスラックのレポートも、より精度が増します。
動画を再生したってカウントは、元々の動画窓を掲載してもできるのかも知れませんが、この方法で一石二鳥です。

さらには、タイムラインは、ページを遷移せずに、新しい投稿を上に出す必要がありますので。
しかも、ヤフーのリアルタイム検索で感じた事なのですが、アプリだと違う仕様なのかも知れませんが。
検索結果を見ている際に、新しい投稿があると、リロードが必要じゃないですか!?

すると、今まで見ていた投稿まで、戻るのが大変。
そこで、新たな投稿があり、その投稿を確認するボタンを押すと、タイムラインの途中に、その投稿が表示される仕様。
サイトのスリム化とは、こういった事、ユーザの方が使いやすく、無駄なトラフィックを増やさない、無駄なリロードを増やさないのも、含まれると思います。

いや~、奥が深い・・・。
さらには、無限スクロールも、時に止めたい場合もありまして。
その場合のストップボタンを表示するとかも、無駄なトラフィックを増やさないって概念からすると、サイトのリス無化ですね。

単にページ自体を軽くすることはもちろん、遷移を短くする、無駄のない遷移にする。
その為にも、まずは本を買って、インターネットの基盤部分を理解する事。
ブラウザの仕組みを理解するところから始めたいと思います。

サイトのスリム化、ホームページのダイエット。
世界中で行えば、半分とかになるかも知れませんね。
いや、動画がほとんどだと思おうので、それは無理か・・・。

ま、誰も気づかないけど、我が社のサイトはサクサクに。
そういえば、軽いよね・・・ってくらいに、見えない技術力。
そんなサイトを目指して、サクサクと勉強します!

DIGITAL STREET

★コラム★エンタメ系ダイエット!?楽しく、長続きし、痩せる効果があるダイエット方法を考えましょう。

楽しければ、続くんですよ。
すると、痩せるので、それはもう、ダイエットではなくなり、日常の楽しみに。
そんな究極の楽しいダイエット、エンタメダイエットを考えましょう。

まずは、ダンス。
もう、ダイエットではなく、一つのジャンルになってしまいますが。
やはり、ダンスでダイエットは、楽しいですよ!!!

でも・・・。
同じダンスをひたすら踊るダンスダイエットは、飽きるんですよ。
かといって、フリを覚えるのも、大変でして。

となると、ダイエットとダンスは、また別物ですね。
これが最高だとは思いますが、振り付けと楽曲の事があるので、ちょっとダンスは無しにします。
答えが見つからない場合に、改め、検討という事にします。

では、ダンス以外で、楽しいエンタメダイエット。
そうですね、やはり、映画を見ながら、ジョギングとか自転車でしょうか。
ジムで映画を見ながらが、いいんですよ、これなら今泉兄、続けられそうです。

走った分だけ、自転車をこいだ分だけ、電力が供給される仕組み。
又は、その分だけ、再生される。
ゆっくり走ると、その分、スロー再生になり、声も低くなり・・・って感じで。

逆に、早く走ると、2倍速とかになり、早く映画を見る事ができます。
自分にあったペースを1倍速に設定して、後は、自分のペースで映画を見るダイエット。
そんなスポーツジムがあれば、行くかも知れませんよ、ネット動画見放題のダイエットジムです。

同じパターンで、音楽もありですね。
外を走る際、やはり、イヤホンをしていると、どうも、危険な感じがして、好きではありません。
かといって、音楽があればな~って、感じる事が多々あります。

音楽無しで走っていると、考え事をしてしまうので、どうもな~と。
なので、何もかも忘れて、音楽をきいて、運動する。
これもまた、いい感じのエンタメダイエットだと思うので、そんなジムを。

ただ、普通にジムに行って、音楽を聴くのではなく。
ジム自体に、音楽聞き放題の機器があった方がいいですね。
新たな楽曲との出会いとかもありますので。

しかも、自分だけにしか聞こえないような仕組みで、イヤホン無しが理想。
個室に入って、爆音で聞きながら走れたら、最高なんですけどね。
そんなジムが、映画だろうが、音楽だろうが、最高だと思います。

続いては、ゲーム系。
全身を使って、Wiiの高機能版であり、他のお客さんとの対戦型で。
しかも、ネット回線をつなぎ、別のジムにいる人とも対戦可能。

走る系がいいので、サッカーとか、バスケがいいんじゃないですかね。
ヘッドセットとかのVRだと、動きずらいので、上下左右液晶の個室とか。
その場で足踏みすると、ゲーム上だと走るとか。

何か、出来ると思いますよ、ゲームでダイエットは、ニーズがありそうです。
Wiiよりも激しく、消費カロリーが多く、危なくないゲームダイエット。
もう、家庭用のサウナのような個室を、作りましょう!

あ、映画と音楽の仕組みで、マンガもありですね。
アニメやドラマは、映画と同じですが、マンガは、自動的にページをめくってくれて。
大きな画面でマンガや小説を読むのも、アリですね。

運動中は動くので、文字やページは、大きくしましょう。
読み上げ機能でも、いいかもしれませんね。
声優さんに読んでもらう機能も、付けちゃいましょう!

というか、ダンス系ゲームが、そのまま、ダイエットじゃないですか!?
そんな施設ないですかね、すべてダイエットだけど、ゲームとか映画、音楽、マンガ、小説など。
エンタメコンテンツと連動した、ダイエットジム。

シューティングゲームとかも、燃えそうですし。
消費カロリーが、そのまま、戦闘能力になるとか、できそうな気がしますね。
あ、マラソンも、ネットを繋いで、液晶画面でいろいろな場所に移動する。

観光というか旅行も体感できて、世界中の道を走る。
VR的なマラソンマシーン、これなら、シンプルですが、楽しめるかも。
そんなジムは、もうありそうですね。

やはり、映像ですよ、手軽なのは、映像コンテンツと、ダイエット。
同じ距離を走っても、映像効果で、カロリー消費が増す技術とかも、ありそうじゃないですかね!?
一度、実験してみたいですね。

今泉兄は、そうですね、映画と共に好きなのは、宇宙。
宇宙の映像とかの中を、ひたすら走るスポーツジムがあれば、楽しいかも。
今日は火星にいくぞ!とか、明日は木星の輪を走るぞ!とか。

プラネタリウムとスポーツジムの融合ですね。
宇宙空間を走るダイエット、これなら、ずっと走っているかも。
星座の事も知れて、今日は、射手座の星を巡るぞ!とか、目標設定もできそうですし。

ないかな~、そんなプラネタリウム的なスポーツジム。
ま~、近い将来、グーグルマップのように、人にカメラを搭載して、撮影して。
その人の目線で風景が変わる映像が、登場するでしょう。

それを観ながら、みんながジョギング。
世界中の道を撮影するんですよ、きっとグーグルが、そうしますよ。
そして、それを元に、みんながダイエット。

AIが仕事をしてくれるらしいので、人はみんな、ダイエットが仕事になりますので。
その日まで、待ちましょう・・・。
その日まで、自力で痩せましょう・・・。

という事で、ダンスの力を借りると思っていましたが、いろいろとありましたね。
答えは、映像コンテンツという事で、視覚的に刺激して、楽しませてくれて、かつ長続きし、もしかしたら痩せる度が増すかもしれない映像型ダイエット。
これが本日の答えです!

DIGITAL STREET

★ダイエット報告★ダイエット178日目。映画を見ながら運動する身近な方法は!?

1日1時間として、2日で1作品。
映画を見ながら、運動できる方法があるなら、これは理想ですね。
あまりお金をかけずに、実現する方法を探しましょう。

その前に、食事レポートから。
前日は、その前の日の夜に食べた、ドライカレーをパンに乗せていただきました。
その他、ぶどうパンも少々、サラダと、きんぴらごぼうもいただきました。

夕飯は、おそば。
ごはんも少々いただきまして、サラダと、きんぴらごぼうもいただきまして。
肉団子も残っていたので、食べた記憶があります。

身長:163cm
体重:70.5kg(+0.2kg)
体脂肪率:27.7%(+0.5%)
ウエスト:94.0cm(±0kg)

これぞ、安定。
ほんと、何も意識しないと、これくらいで落ち着くという事は。
実は、これが今泉兄の標準体重なんじゃないかと錯覚するくらいに、この辺で安定。

望んでいませんが、これが健康なのかも知れませんね。
いや、違いますよ!?
それを証明する為にも、痩せて、安定して見せます!

その為には、楽しいダイエット方法を考える事。
食事制限は難しいので、ほどほどにして、毎日運動する習慣を身に着けるだけ。
それは、コラムで答えがみつかり、今泉兄の場合は、映画を見ながら運動するという方法。

映画くらい、じっくり見たい!って思いますが、それだと、余計にデブになりますので・・・。
ポテチやポップコーンがお供ではなく、運動ですよ、運動しながら映画鑑賞です。
そうなると、これは外での運動は無理。

室内に限られますね。
VRのヘッドセットをかぶって、外を走るなんて、難しいと思いますので。
さらに、映画が再生されていたら、危ないどころか、即、エンディングを迎えますので・・・。

では、室内で、しかも、そういったジムがあるのかわかりませんが、自分の家の中にしましょう。
一つは、普通に運動しながら、映画を見る方法です。
でも、どんな運動をするかって事でして。

単純な運動じゃないと、続かない気がします。
次の動作は何だろう・・・とか、ここはこうしよう!とかだと、映画に集中できませんので。
となると、走るか、自転車をこぐかって事かな~と。

後は、屈伸とか、スクワットとか。
でも、目線が上下になると、映画に集中できないので、やはり、単純な自転車!?
でも、室内に、自転車が無い・・・。

そうなると、走る!?
足踏みする!?
例のダイエット器具を買うしかないですかね・・・。

ランニングマシーン的な、走る系のマシーンか器具を。
それしかないかな・・・。
できれば、座って、足とか、ウエストとか、上半身が鍛えられて。

頭が上下にならない運動。
そして、どれくらい運動したか、カウントが取れる器具。
探しましょう、映画と相性のいいダイエット器具を。

という事で、探してみます!
これで映画も観られて、ダイエットもできますので。
究極、ブルブルって、振動するアレになるかも知れませんが・・・、お楽しみに!

自宅だとサボるので、ジムに行く方が、続きそうです。
ジムに行く熱意は、やはり、楽しさ、面白さです。
そこにしか無いコンテンツがあれば、ダイエットは成功しそうです。