2017/08/24 03:14:00(2017/08/21 75:14:00)

VALUで上場した場合の税金を考えよう。最高に納税する事を前提とすると、恐ろしい事が起こるかも知れませんね。

さよならiPhone・・・。
結局、落としたiPhoneは現れず、もう、戻ってこない事でしょう。
ドコモとアップルに、何度か相談しましたが、ちょっと無理っぽいです。

という事で、今回の件は、もう少し時間をおいて、さらに調査して。
同じように、iPhoneを落とした場合、特に、iPhoneを探すをOFFにしている場合の対処方法として。
ガッツリまとめ、参考資料として、残したいと思います。

実は、書いたんですよ、結構、たっぷり書きました。
ただ、結果がこれだと、意味がないんですよね、単なる愚痴で、発展性がないので、削除しました。
なので、もう少し調べ、対応策が無いなら、無いなりに、もう少し気持ちを落ち着かせて、語りたいと思います。

ま~、結局のところ、iPhoneを探すをOFFにしていて。
さらに、iCloudやiTunes、Apple IDと関連付けしていない場合は、お手上げって事で。
パスコードでロックされているので、データは守られたとしても、初期化されたら、新たな端末として利用可能に。

アップルは、その製造端末やシリアル番号が、Apple IDに関連付いたとしても、何もしません!って事でして。
いくら盗品でも、動きませんよ!って事でした。
腑に落ちませんが、落としたのがアウト!って事なのでしょう・・・。

分かっているなら、警察に届けるなり、本来の持ち主である今泉兄だったり、ドコモに連絡くらいしてくれればいいのに・・・。
でも、それがアップル社の方針なのでしょう。
盗品でも、窃盗だったとしても、何にもしない・・・。

いや~、残念です。
代わりの端末を入手したので、損害額1万円以上、これは、落とした責任として仕方ないとして。
その端末を誰かが使っていると思うと、腹立たしいですね。

しかし、引きずっていても仕方ありません・・・。
もう、無理だと悟ったので断念です。
後は、拾った人が、万が一、そのiPhoneを利用した際に、さらに無いとは思いますが、iCloudを利用した際に。

iPhoneを探すをONにした場合、どうにか、その情報をつかみ・・・。
今泉兄が自ら、捕まえに行く・・・。
ただ、これって、アップルのセキュリティーホールを見つけるって事ですので。

相当、難しいと思いますし、その能力があれば相当な報酬が・・・。
という事で、ほぼほぼ断念。
趣味として、iPhoneを盗んだ相手を特定する方法、模索したいと思います。はい。

という事で、気を取り直して。
話題は、まったく違う事にしましょう。
書けば書くほどストレスになりますので、もう、忘れはしませんが、気持ちを他に向けます!

では、コラムでは、燃えているVALU関連という事で、税金について。
開発日記でも、我が社のポイントの税金に関して語ります。
ダイエット報告は、そうですね、またデブ税について語って、ごまかしましょう・・・。

DIGITAL STREET

★開発日記★貯まったポイントには税金は発生するのか!?

まだまだ、この辺、調べてないんですよね・・・。
最後の最後は、以前の顧問弁護士に、スポットで、全体的な事を相談しようと思っています。
まだ、その段階では無いので、連絡していませんが・・・。

特に、特許も取得しており、弁理士であり弁護士の先生なので、ガッツリ相談する時が、そろそろくるだろうな~と。
その前に、出来る限り、情報収集と最低限の知識は必要ですので。
我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストのポイントの税金について、本日は語りましょう。

まずは、貯まるポイントは、デジストーン。
これは、価値が随時変動するポイントでして。
貯まるだけで、使えません!

広告売上の一部がポイントの原資でして、広告売上が増加すれば、デジストーンの価値がアップします。
逆に、広告売上がそのままで、付与したデジストーンが多くなれば、その分、価値が下がります。
ただ、基本、デジストーンが付与されるという事は、アクセス数がアップして、広告売上が増加しますので。

一定の価値で落ち着き、時にデジストーンの価値がアップし、時にデジストーンの価値がダウンする。
そして、サイトが有名になり、サイトの価値がアップすれば、徐々に、広告単価もあがり、広告売上も増加し。
デジストーンの価値がアップするって、希望的観測です・・・。

では、貯まったデジストーンを使いたい場合。
その時は、デジストコインという、1デジストコイン=1円相当のポイントに交換です。
貯めるのはデジストーン、使うのはデジストコインと覚えてください。

では、デジストコインは何に使えるか・・・と、言いますと。
デジスト内のデジタルコンテンツに利用可能。
後にアバターとか、ゲームとか、使い道を、用意しますので。

初めは、チャットやタイムラインに利用できる、スタンプのようなモノを購入かな~と。
シールという機能で、スタンプと違い、チャットに投稿されたシールは剥がせて、コレクションする事が可能。
そんな事を考えています。

他にも、チャットを装飾したり、同じ曲を聞きながらチャットする時に、その音楽ダウンロードだったり。
同じ映画を見ながらチャットする時に、その映画コンテンツを購入したり。
デジスト内で、いろいろと使えるようにしようと思います。

ここで、税金の問題が。
例えば、デジストーンであり、デジストコインが、一時所得として扱われた場合。
この場合は、少額だったら、特別控除額が50万円との事で、気にする必要はないかな~と。

さすがに、年間50万円という事は、月に4万円のポイントが貯まるって事ですので。
ないない、そこまでは、無いですよ!
なので、ユーザの皆さんが利用する分には、税金は関係ないかな~と。

ところが、オーナー制度なんですよね、オーナー制度。
他の法的な部分をクリアーにしてからなのですが、デジストのオーナー制度に参加すると、勝手にポイントが貯まります。
それでも、1000デジストコインで1口オーナーとして、年間計算上だと100デジストコイン程度。

なので、これまた少額なので、税金は考えなくていいだろうと思っています。
ただし、大口オーナーになった場合。
無いと思いますが、1口1000デジストコインなので、1万口だと1000万デジストコインです。

この場合、シミュレーション上だと、100万デジストコイン貯まるかも知れないって事でして。
あくまでも、過去の売上を元に計算しただけなので、お約束するポイント数では無いのですが。
万が一、これくらいになったとして、円換算で100万円。

こりゃー、さすがに、税金を払いましょう・・・って事でして。
ま~、ないですよ、こんな事は無いはずです。
そんなにデジストコインを貯められませんので。

ただ、初めは、クラウドファンディングで、1000円支援すると、リターンとしてオーナー権を1口プレゼント。
そんな事を考えているんですよ。
なので、法的にも問題なかった場合は、募集をするのですが。

そしたら、万が一、1000万円支援する人が現れたら・・・。
1年後に、100万デジストコインが貯まっていた場合。
さらに、そのデジストコインを、ビットコインなどに交換できた場合。

ま~、当然ですが、税金ですよ、半分くらいは税金で無くなる事を、想定しておきましょう。
その場合、ユーザが個別に税金を支払うのではなく、我が社がまとめて支払うとか、できないんですかね。
源泉徴収のように、我が社がまとめて納税できれば、ユーザの皆さんは、楽なのに。

ただ、無理か・・・。
個人によって、他の一時所得によって、税金が発生する、しないが、変化しますからね。
やはり、個人で対応してもらい、システム的には搭載しない。

何かしらの証明書が必要な場合は、アナログ対応。
そうです、50万円以上のポイントを付与する可能性は、ほんと、低いですので。
500万円ですよ、最低でも500万円分のデジストコインを貯める必要があります。

あ、この時点でも、すでに、税金が発生していますね・・・。
さらに、スタート時のクラウドファンディングの場合でも、さすがに500万円の支援は、無いですね・・・。
あるとしたら、今、親族に借りているお金を・・・。

土下座して、クラウドファンディングで支援してもらい、その金額と相殺する。
すると、毎日、デジストコインが貯まる。
その場合は、親族でしたので、アナログ対応で大丈夫でしたね。

という事で、考える必要は、ほぼほぼ無いけど、一応、税金面はちゃんとクリアーしておきます。
その他は・・・。
いろいろありますね。

クラウドファンディングで、オーナー権をリターンにしても、問題ないか。
オーナーになると、デジストポイントが貯まるので、ある意味、ポイントによる配当と扱われる場合があります。
この場合、一つは、デジスト内だけで使えるポイント付与の場合。

もう一つは、ビットコインなど、もしかしたら日本円と交換できる、デジスト外にも交換できるデジストポイント付与の場合。
この違いにより、どんな事が変わるのか。
国への登録とか、申請とか、届出とか、何かあると思うんですよね。

さらには、供託金ですね。
有効期限は、半年以上を考えていますので。
近いうちに1000万円以上のポイント付与にはなると思いますので。

この辺のリーガルチェック、今回のVALUの件もそうですが、相当、気にしています。
超重要項目なので、サービス詳細が確定した際に、弁護士ですよね・・・。
最後は、弁護士の先生しか、わかりませんので。

という事で、税金はスタートライン。
もっと、大変なリーガルチェックが、この後、待ち構えております。
相当、ノウハウが貯まると思うので、もちろんブログで語りますので、ご期待ください。

このポイントの価値が変動するポイントシステムを、各サイトで利用できるようにしますので。
この辺がクリアーにならないと、普及しませんので。
よし、重い腰を上げて、やりましょう、リーガルチェックは早め早めが何よりです!

DIGITAL STREET

★コラム★インターネットのサービスは、税金をたくさん払う事を前提に計画した方が、無難です。

みんな、税金の事を考えずに、VALUで上場していたんですかね!?
というか、今泉兄がVALUを知った際に、初めにチェックしたのは、確か、この税金の事。
ま~、我が社のサービスの、税金について、ちょうど調べていたって事もあるんですけどね。

さらには、クラウドファンディングでの資金調達も考えていますので。
どんな税金が、どのタイミングで発生して、それがどれくらいなのか。
ただ、そもそも、友達がいないので、VALUの審査に通過しないって事で、考える必要はないんですけどね・・・。

そして、今泉兄がVALUで上場して、資金調達をしない、実は、言ってはいなかった、本当の理由。
それが、この税金なんですよ・・・。
ちょっと我が社の場合、特殊な事情があり、税金が関連すると、ややこしいので、無しって選択なんですよ。

そう、それが、兄弟で起業した事。
もしも、仮に、今泉兄が友達がたくさんいたとします。
いや、これはあり得ないので、もう少しリアリティのある仮説でいきましょう。

今泉兄が、VALUで資金調達だ!って、本気で思って、こんな行動をとったとします。
そうですよ、そう、VALUで上場したい宣言をして、ツイッターのフォロワーを800万人に増やす計画です。
毎日、YouTubeで土下座して、お願いします、なんとかお願いします。

理由はVALUで上場したいので、出来る限り、多くのフォロワーが必要です!って、動画配信をして。
ある程度のところで、上場申請。
見事、審査を通過したとします。

で、問題なのが、お金なんですよ、資金調達したお金。
これって、今泉兄個人のものじゃないですか!?
という事は、個人が会社に出資するか、貸し付けですよね。

ここで、兄弟のバランスが崩れるんですよ。
VALUで調達した分を役員報酬という考えにして、今泉兄の役員報酬を一時無しにして、兄弟の収入の帳尻を合わせ、会社にお金を残したとしても。
やはり、いろいろと変化してしまうんですよね、翌年の税金などが。

基本、兄弟1円たりとも、変化させずに、永遠に同じ報酬を得るって約束で、起業していますので。
万が一、1円端数が出た時は、弟に1円を譲ろうと思っていますよ、兄ですので。
でも、今泉弟は弟で、兄貴がもらえ!って。

ここで兄弟喧嘩をする予定なんですよ、1円をどうするかで。
それくらいに、平等にしよう!って、兄とか、弟とか関係なく、平等なんですよ。
ところが、今泉兄だけがVALUに上場して、資金調達は無しだな・・・と。

今泉弟は、プログラムコードを書いて、稼ぐ。
今泉兄は、しゃべって稼ぐ。
でも、どちらかだけが、所得が多くなるのは、御法度なんですよ!

例え、そのお金を会社に入れたとしても、バランスが崩れるのが、アウト。
出資割合も、出資額も同じ。
貸し付けだって、同じ金額にするルールです。

なので、VALUを知った際、無理だな・・・と。
その際、税金なんですよね、ややこしくするのは、やはり、税金。
VALUで調達した金額を、会社に入れたとしますよ、ここはもう片道で良いって判断とします。

ところが、その後、今泉兄だけに税金が発生する。
ここで格差が出るので、その分、役員報酬を多くするなどで、兄弟の収支を調整する。
この場合、税金が翌年とかにも関連してくるので、めちゃくちゃ計算が面倒なんですよ・・・。

という事で、この辺の面倒な手続きがあるので、今泉兄はVALUは無しだな・・・と。
やはり、会社というチームとしての資金調達が分かりやすいです。
そんな事もあり、普通よりは、税金について、少し気にして生きているんですよ、今泉兄は。

そこで、今泉兄がVALUの税金について語るのですが、最高に税金が発生するパターンから考えてみましょう。
まずは、VAが発行された時点で課税される場合。
審査に通過すると、いきなりVAが発行されると思うので、その時点で時価総額というものが決定ですよね!?

贈与なのか、それこそポイントと同じく、一時所得なのか、分かりませんが・・・。
ここで課税ってなると、時価総額が高ければ、高いほど、恐ろしくないですか!?
だって、この場合、自分自身のVAを保有しているのは、自分だけ。

しかも、この時点では、VAを売っていないので、現金ゼロじゃないですか!?
それなのに、課税されてしまうと、出費だけですので。
ま~、極端な例として、一株1円で行使できるストックオプションを、ゼロ円で発行してもらい。

その株がいきなり1000円とか1万円とか10万円になって、行使しないといけない状態って事だと思うと、恐ろしいですよね。
ほぼ全ての金額が課税対象って事ですよね!?
しかも、ストックオプションと違い、取得する際の出費がないですので。

今は手数料が無料のようですし、後に手数料が発生しても、500円って書いてありますので。
その場合でも、時価総額から500円を差し引いた金額に課税されるってパターンです。
この場合だと、もう、恐ろしくて、時価総額、低くなれ~って矛盾が発生しますね・・・。

さらに、この場合、VAを売却した際に、さらに時価総額が高くなっていたとすると。
これまた、その差額に対して、課税ですので。
ストックオプションだと、たぶん、この2回のタイミングが課税対象だと思います。

ま~、一番不幸なのは、後にVAが売れるから、初めの税金を支払ったとして。
結局、売る事が出来ず、税金の支払いだけ発生した・・・という。
国に貢献する事なので、良い事ですが、なんだか、損した気分ですよね、って、損ですね・・・。

なので、ストックオプションの、このパターンにならない事を、祈ってください。
万が一、そうなったら、後で税金が・・・。
VALU税金相談窓口、儲かりそうですね・・・。

で、続いてのパターンも、ストックオプションと同じだった場合。
もう一つのパターンである、売却した時だけに、課税対象になるパターンです。
例えば、100万円、資金調達した!って喜んで、100万円、おいしいモノを食べてしまったとします。

自分への投資だ!なんて、安っぽい言い訳の元、ついつい、今泉兄がとんかつを食べてしまうように・・・。
ところが・・・。
ストックオプションのもう一つのパターンと同じだと考えると、この時点で、税金が発生。

売った額にもよると思いますが、税金発生ですよ。
いや~、その辺、VALU側でちゃんと伝えているんですかね!?
VAの売上全部を、とんかつ代にしたら、マイナスになる可能性あるよ!税金忘れるな!って。

ま~、規約等には、ちゃんと書いてあるのかも知れませんが、読みませんからね・・・。
と思って、利用規約を見たら、あらら・・・。
なんだか、寂しい感じの説明だけですね。

ま~、企業としては、これが模範解答なんでしょうね・・・。
そのうち、たばこのように、VALUは後に税金発生するかもよ!って、トップページに大きく注意書きが掲載されるかも知れませんね。
そう考えると、どんなネットのサービスにしろ、お金が動いたら、税金を払うぞ!ってくらいの気持ちがいいですよ。

サービスを使う側も、サービスを運営する側も、最大の税金を支払うと思って、計画するのが一番です。
今回の場合は、VAが発行された時点と、VAを売却した時点で、課税対象!って思って、動いた方が良いかと思います。
その辺を踏まえ、上場を考えた方がいいような気がします。

VAを売却した時点だけ税金が発生なら、資金調達した金額の一部なので、良いとして。
VAが発行された時点でも税金が発生なら、終わるかも知れませんね・・・。
よっぽど、全てのVAを売る切る自信がある人、又は、VA発行時の税金分以上の資金調達に自信がある人以外は、難しいですね。

しかも、ややこしいのが、ビットコインにしているって部分でして。
どこで課税なのか、円にした時なのか、この辺も、ルールが変わる可能性や、ルールが決まる可能性がありますので。
VAとしては課税だったのに、ビットコインが暴落して、課税対象じゃなくなるとか。

価値が変動するので、ややこしや~ですよ。
VAを売買した側も同じですよね。
利益が出た際に課税は当たり前として、VAを売却した時点では利益がでていたとしても、ビットコインの暴落で損出が出た場合。

どうなるんだろ・・・。
というか、どこで課税なんですかね、今だと、ビットコインにした場合ですかね。
となると、VAを発行した人も、ビットコインにした時点で課税!?

となると、ビットコインのまま、どこかで使ってしまえば、税金は無し!?
いや、そんな事はないですよね、利益というか、所得というか、プラスですので。
いや~、難しい!?

ただ、ほんと、実は、簡単な事でして。
何度も言いますが、最大に課税されると思って生きていくのが、一番、わかりやすですよ!
そして、課税された際に、当たり前だと思えますので。

もちろん、納得いかない場合は、ルール自体を変えていく努力はアリだと思います。
でも、最大に課税を覚悟していくのは、良い事かと。
今泉兄は、節税はしますけど、基本、税金払ってなんぼ!って思っていますから。

という事で、年内には、VALUの税金のルール、決まるような気もしますね。
たぶん、売却した時点で課税対象。
本人が保有しているVAは、ストックオプションでいうところの、行使していないという扱いになるかと思います。

そして、時価総額は、ストックオプションが行使された場合を考慮した時価総額であり、VAの単価という事で。
潜在株を考慮するって事と同じ感じです。
たぶん、VALU側が言い回しというか、ルールをこうするしかないんじゃないかと思います。

VAを発行した時点では、価値がゼロ円だと。
それを市場に出して売れた際に、市場に出したVAのみ、価値が確定すると。
そして、その分だけ課税です。

もしかしたら、VALU側で税金分を差し引く仕組みを導入するかも知れませんね。
なので、この辺を想定して、全て、とんかつ代にしないように!
税金の割合を調べ、その分は、貯金しておくのが良いと思います。

人は生きているだけで、税金が発生しますので。
皆さんの時価総額、税金を考慮して、感じましょう!
必ず2割~5割は、税金だと思って、生きましょう!

お金が動くと、税金が発生。
価値があるという事は、そこに税金がついてきます。
VALU税、ある意味、人間税で国は大喜びですね・・・。

DIGITAL STREET

★ダイエット報告★ダイエット172日目。デブ税があっても、痩せない自身があります・・・。

今、ほんと、余裕がないんですよ。
iPhoneを落として、その処理でも、さらに時間を使ってしまいましたし。
何かこう、ほんと、余裕なし。

なので、ダイエット、進みませんね。
年間通して、痩せてなかったら、デブ税が発生しても、お金で解決するならいいや・・・って、支払いますね、今の今泉兄なら。
それくらいに、余裕なし、ダイエットは、しなくてもいい事なので、後回しになるんですよ。

では、食事レポートから。
前日は、iPhone事件により、夕飯は無し。
朝食というか、ランチにパンを食べただけでした。

身長:163cm
体重:70.3kg(-0.4kg)
体脂肪率:27.4%(-0.1%)
ウエスト:94.5cm(-0.5kg)

ストレス痩せ。
といっても、この程度です。
もう、食欲もなく、余裕もなく、最悪でしたね・・・。

その反動で、実は、食べちゃいましたけどね・・・。
断食、いきなり失敗。
何も生まれませんし、良い事ありませんでしたよ。

ただ、失うという事は、何かを得るという事で。
現時点で、何を得たのかわかりませんし、この後、得るのかも知れませんが。
ま~、そんな風に考える事にして、生きていきますよ、元気よく。

という事で、短めですが、この辺で。
気づけば、夏も後半戦で、結局、デブのまま。
この夏のデブ税は、相当な額になりそうですね、そんな税金があったなら。

続いて、食欲の秋は、デブ最高の季節。
ノー税で、フィニッシュできるように、秋こそは、痩せます!
って、言っている人は、痩せない典型的な例ですので、ご注意を!

結局ところ、節税はできても、脱税はしちゃいけませんし、出来ませんので。
同じく払うなら、気持ちよく、支払いましょう。
その為にも、多くの税金を覚悟して、そのつもりで、税金は計画的にです!