2017/08/15 23:34:00(2017/08/14 47:34:00)

バリアフリーを普及させる画期的な方法を考えました。できない事は無いアイデア、みんなでやりましょう!!

ここ、高田馬場は、点字図書館がある街なので、いつも思うんですよね・・・。
もっと平地にすればいいのに・・・とか。
条例なのか、法律なのかわかりませんが、道路にモノを置くな!って・・・。

今朝も、車いすの方がいて、でも、自転車が違法駐車で、移動しにくい感じでした。
他にも、足の不自由なおじいちゃんが、おばあちゃんと共に、歩いていたのですが、その後ろから、これまたおじいちゃんが、フラフラしながら自転車で・・・。
お店の看板が歩道にたくさんあり、その事で道が狭くなり、激突するんじゃないかって感じで、危なかったです。

ある意味、とっても住みにくい街、それが日本。
狭いので仕方ないとは思いますが、やる事、まだまだあるんじゃないかと。
出来る事、まだまだあるんじゃないかと。

そこで、この高田馬場だけでも、やってみよう!ってアイデアを、ふと、思いつきました。
昨日、新宿の地下道を歩いている時に、ふと、感じたんですよ。
こんなことをすれば、良いんじゃないかと。

そこで、本日のコラムは、ネット系サービスではなく、バリアフリーなサービスのアイデア。
これなら、確実に、バリアフリーが普及する!ってアイデアです。
100年後、いや300年後くらいなら、当たり前になっているであろう、仕組み。

やりましょう、高田馬場だけでも、やってしまいましょう。
って、無理ですけどね、相当な政治家と、相当な起業家が集結しないと、無理。
でも、規模を小さくすれば、出来ない事は無いと思います!ってアイデアです。

そして、開発日記は、少しくくりを大きくして、会社運営日記というか、事務所のお話しです。
ダイエット報告は、より、食欲が増しているので、もう、これは食べたい病という病気です・・・。
ヤバいです、ほんと、やばいです!!!
DIGITAL STREET

★開発日記★事務所を大きくすると、会社が成長する!?土足禁止の事務所は失敗する!?

実は、ショックな事がありまして・・・。
長年、ずっと我が家にいた、金魚のボスが、お亡くなりになりました・・・。
大きな水槽に入れているのですが、蓋がない水槽でして。

20匹以上いるので、徐々に大きな水槽にシフトしていき、今では結構大きな水槽に。
ところが、最近、よく、跳ねるんですよね・・・。
そしたら、ふと、見たら、外に飛び出して、干からびてまして・・・。

さすがに、限界だったのかも知れませんね。
少し前にも、2番目に大きな金魚、サブボスのメスも、同じく、飛び跳ね、お亡くなりに・・・。
そして、一昨日、一番大きなボスが、一番古株のオスのボスが、お亡くなりになりました・・・。

実は、この2匹は、たぶん残った20匹の両親です・・・。
もう一匹生きている、2番目に大きな金魚は、オスなのかメスなのか、分かりませんが、残された親。
今度は、彼が、もしかしたら彼女かも知れませんが、何しろ残されたサブボスが、ボスに襲名なんですね・・・。

やはり、水槽の大きさによって、金魚の大きさは決まる。
ボス、サブボスの1匹がいなくなった今、少しだけ、みんなが大きくなるのか、残りのサブボスの1匹、いや、新ボスが、大きくなるのか。
そして、今後は、飛び跳ねて、外に出ないように、対策をしたいと思います。

寿命ではなく、ある意味、事故死・・・。
いや~、意外と、ショックなのと、だから、生き物は飼いたくない・・・。
でも、我が家で飼うしか、道はないので、残りの金魚は、寿命まで、しっかりと育てたいと思います。はい。

そして、この水槽と金魚の関係ですが。
昔、とある方から聞いた事があります。
会社も同じで、事務所を大きくすると、その分、人も増え、成長すると。

ところが、我が社は、ギリギリの事務所だったんですよ・・・。
なので、会社は成長せず、人は増えず、逆にどんどん減りまして・・・。
いや~、切ないというか、情けないというか、経営者失格です。

会社を辞める、転職を選ぶという事は、会社の未来に期待ができないって事。
それは、そのまま、今泉兄に期待できない、今泉兄の未来が無いって判決でして・・・。
この瞬間が、一番、辛いですね・・・。

経営者をやってよかった!って思うのは、ボーナスをたっぷり渡せた時。
経営者って辛いな・・・って思うのは、お別れの時です。
でも、後ろを向いていては、何も始まりませんので、進むしかないんですよ。

立ち止まる事はできず、この心に空いた穴は、自分で埋めるしかないんですよ。
そして、事業拡大、我が社デジタルストリート社のメンバーを増やす。
さらに上場して、みんなで一攫千金。

これしか、ありません。
IPOをゴールにするな!って怒られそうですが、ゴールです。
ゴールは、新たなスタートですので、ゴールでもいいんですよ。

ゴールすらできなく、終了してしまう会社よりは、我が社も、このまま終了してしまうかも知れませんが・・・。
それよりも、一度でもいいので、ゴールして、次に進む。
そっちの方を、今泉兄は、目指します。

ゴールして、新たなスタートを迎えた際は、新たな株主が参加していますので。
そこから、また次なるゴールに向かって、突き進む。
その間、これまた、辛い別れは、何度もやってくるかと思いますが。

でも、耐えないといけませんね。
そう、夢を形にするまでは。
目的な、みんなで仲良くゴールする事ではなく、個々が幸せになる事ですので。

例え、デジタルストリートという場ではなくても、個々の幸せを第一に考えましょう。
結果、その場が、デジタルストリートだったら、経営者としては、幸せな事ですが。
そこに拘ると、無理が出てきますので。

なので、次は、無理の無い範囲で、いや、少し無理をしてでも、事務所を拡大します!
立ち止まる事が悪だという事が、身に沁みました。
近い将来、事務所、引越します!

少なくても、今泉兄が定年退職する25年後。
今、年末45歳なので、70歳まで働いたとして、残り25年、会社が存続できる状態を目標に。
現金で25億円くらい貯金があれば、年間1億円で、今の規模なら、何もしなくても、存続決定ですので、それくらい儲けたいと思います。

その為にも、事業拡大の為に、事務所拡大。
ちゃんと、打ち合わせスペースが確保できるくらいの場所に、引越したいと思います。
もちろん、無謀に引っ越すのではなく、ちゃんと売上を上げて、計画的に引越しますので、ご安心を。

その際、現状と同じく、土足禁止ですよ、土足禁止を撤廃しません!
これまた、土足禁止の会社は、失敗するって聞いた事があるのですが。
この法則は無視して、絶対に、撤廃しません!

なぜって、下駄箱のある会社にしたいから・・・。
今は、狭く、下駄箱が無く、玄関に、そのまま靴を置いていますが・・・。
次回、引っ越した際は、下駄箱を、いや、次回が無理なら、その次は、下駄箱を。

例えば、100人の会社になった際に、下駄箱があったら、すごくないですか!?
1000人だと、最高じゃないですか!?
事務所の床は、少しキレイなので、その分、コスト削減になるかと思います!って、違うのかな・・・。

で、土足禁止のメリットは、この、床がキレイって事では無いんですよ、そんな事ではありません。
土足禁止で、下駄箱を用意するメリット。
もちろん、スリッパや、上履きに、個性が発生し、楽しい感じがするじゃないですか!?

でも、そんな事じゃないですよ、下駄箱と言えば、あれですよ、アレ。
そう、バレンタインデーのチョコですよ、チョコ。
さらには、ラブレター!!!!

いや~、楽しみです。
いくつになっても、オヤジになっても、青春ですよ、下駄箱と言えば、青春です!
毎日、ドキドキしながら、ラブレターが入っていないか、確認して帰る、あの感覚。

画びょうとかが、入っていたり・・・。
クレームの手紙が入っていたりして・・・。
それこそ、退職届とか・・・。

ヤバい、マイナス面もありましたね・・・。
でも、その頃には、今泉兄も、もう少しオヤジになっていると思いますので、広い心で、何もかも、受け入れられる人格を形成しているかと思います。
それよりも、若きスタッフが、ドキドキできるオフィス、それは下駄箱付きの事務所です!

という事で、無理だとは思いますが、後に、下駄箱なんて、必要ない!って、今泉弟に怒られて却下だと思いますが・・・。
その時は、今泉兄だけ、下駄箱を用意して、上履きで仕事します!
事務所を拡大するのは、賛成だと思いますので、次回は、一回り大きな事務所に。

スタッフが増えていなくても、もう少し大きめの事務所にして、いつでも人を増やせる体制に。
そうしましょう。
事務所の狭さがいけないんですよ、きっと、そうです、そうだったことにしましょう。

なので、窮屈で、飛び出すしかなかったんですよ。
みんなも、狭い事務所だと、成長が止まりますので。
事務所の大きさは、会社の大きさに、会社が小さくても、事務所を大きくすれば、会社の売上は、それに見合った大きさになる。

人もそうで、事務所の大きさに比例して、成長する。
給料だって、人数だって、能力だって、成長する。
何もかも、事務所の大きさに依存するって、思い込んで、頑張りましょう。

気づけば、この事務所に長居しすぎました・・・。
新サービスと共に、事務所も新しくする事、考えます。
そう思い込む事で、なんとか、平常心を保つ今泉兄でした・・・。

DIGITAL STREET

★コラム★バリアフリーを意識する為に、バリアフリーをもっと感じる為に、この政策。

昨日の午後、新宿の広い地下通路を歩いている時、ふと思ったんですよ。
デブなので、腰が痛くて、痛くて、立っているだけで、歩くだけで、腰が痛いんですよ。
そこで、ふと思った事。

あれ、この広さなら、みんなが車いすで移動しても、問題ないんじゃないかと。
そうですよ、そう、車いすなんですよ、何でしたっけ、そんな映画ありませんでしたっけ?
そうそう、映画ウォーリーですよ、人間はみんな座っているだけで、自動で動く何かに乗っていたじゃないですか!?

あのイメージです。
ま~、いきなり、あそこまでの乗りものは難しいとして。
普通の車いすを、みんなで乗るんですよ。

例えば、高田馬場だけでも、車いす必須にするんですよ。
そしたら、見えてくるじゃないですか、車いすだと、どれだけ生活しずらい街なのか・・・と。
まったくバリアフリーじゃなくて、段差もたくさんあり。

それよりも、違法駐車や看板が多く、ゴミだって多くて、歩いている人も、車いすの人達に気配りをしていないな~と。
今泉兄だって、無意識に、傲慢に歩いている事だってあるかと思います。
急いでいる時は、まったく周りを気にせず、走っちゃっているかと思います。

なので、自ら、みんなが車いすにする事で、車いすの目線になり、街をどうしたらいいかを考えるようになる。
お店だって、車いすで入りやすいように、改造する。
何もかもが、車いす目線にする。

そしたら、バリアフリーが加速するんじゃないですかね、全てがですよ、全てが車いす目線になるんですよ。
そしたら、住みやすい街になるんじゃないかと。
数の理論ですよ、数が多くなれば、意識する人、対応する人達も増えるかと思います。

そうすれば、足が不自由な人たちは、高田馬場で、住みやすい生活ができます。
シニアの方々も、楽に移動できるので、外出しやすくなるかと思います。
そして、今泉兄も・・・。

で、車いすは、それだけ普及すれば、コスト削減になるじゃないですか!?
今よりも格安で、今、どれくらいの価格なのか知りませんが、例えば、1万円とか、2万円とかで、電動車いすが買えるようになるかも知れませんよ。
充電も、いろいろな場所で、例えば、スタバで充電とかも、できるようになったり、って、今もできるのかな???

エレベーターのボタンも、必ず、下側にも設置され。
自動販売機も、全て、座ったまま買えるタイプに交換です。
電車やバズ、タクシーも、一人で、車いすで乗り降りできる、タイプに変更。

階段の横には、必ずエレベーターが設置され。
エスカレーターは、車いすで乗れるタイプになりまして。
坂道や、長い道は、動く道路にするんですよ。

もう、日本中、みんなが車いすに乗るようにして、車いすに合った街に変更ですよ。
でも、時には、車いすから降りて、自力で歩かないと、運動不足になりますよね。
なので、トランスフォーマーです。

歩きたい時は、車いすがトランスフォーマーして、ロボットになるんですよ。
そして、持ち主の後ろについてくる。
買い物の荷物を持ってもらっても良いかも知れませんね。

体が不自由な方は、ロボットにドッキング。
歩く手助けをしてくれるので、問題ありません。
映画アバターの、あのロボットのようなイメージです。

手だけでも操縦できたり、逆に、足だけでも操縦できたり。
視線だけで操縦できたり、音声で操作したりと、その人にあった操縦ができるって事で。
これで、運動不足も解消できますので。

疲れたら、車いすモードに戻し、ゆっくり移動するって事で。
さらに、自転車モードは、車いすが自転車になるんですよ、これまた、トランスフォーマーです。
電動でもあり、自分でこぐ事もでき、自由自在って事で。

さらには、ドローンモードで、空を飛ぶことも出来るようにしましょう。
水上モードでは、水の上を移動する事もできるように。
そして、普段は、ロボットとして、生活のアシストをしてくれるって事で。

現代で、どこまで出来るかわかりませんが、そんな実験的な都市、作れそうな気がしますよね。
まずは、みんなが車いすで移動する街。
そうする事で、今も、いろいろとアイデアが出ていると思いますが、使う人が増えれば、さらにアイデアが増える可能性がありますので。

その中で、画期的なアイデアが出るかも知れませんので。
みんなで体感、みんなで体験、みんなで考える事で、バリアフリーが普及するかと思っています。
そして、使いずらい部分、生活しずらい部分を、どんどん改善する。

道はなるべく平らにして、段差をなくして、違法駐車も無くして。
ゴミも無くして、交通ルールを守って。
でも、やはり、歩道は狭いと思います。

なので、車は、一階層、レイヤーを下げましょう。
地下1階は、車専用の道路って事で、地上は、車いすや自転車などの専用という事で。
そして、歩道は、今まで通り、歩きって事で。

ただ、基本、車いすを使うルールにしましょう。
そうしないと、バリアフリーが普及しませんので、なるべく、車いすを使って、体感する事。
ま~、そんな街ができたら、みんな、楽になるので、車いすを利用するとは思いますけどね、今泉兄は、たぶん、腰が痛いので、そうするかと。

以上、無理だとは思いますが、街でも、村でも、ショッピングモールやリゾートホテルだけでも。
そんな実験をしても、良いんじゃないかと思った、今日この頃。
高齢化社会を元気にするのは、車いすの普及かも知れませんね。

DIGITAL STREET

★ダイエット報告★ダイエット165日目。車いすを取り入れたら、太るのか、痩せるのか。

ほんと、腰が痛い・・・。
たぶん、12キロくらい、適正体重より重いので、12キロの重りをもって生活している状態だから。
長時間歩いたり、立ったままだと、腰が痛くなるんですよ。

なので、車いすロボット、あると便利です!
というか、車いすに乗った事が無いのですが、手動の場合、その分、移動する為に、体力も必要じゃないですか!?
となると、腕で回す場合、その分、カロリー消化で、痩せるんですかね。

そうなると、少し車いすで移動する生活をすると、痩せるかも!?
もしくは、足でこぐ車いすがあるなら、腕と併用して、全身で移動する。
そうすると、痩せるんですかね!?

いずれ、あと、5年なのか、10年なのか、20年なのか、分かりませんが。
今泉兄も、車いすの生活は、あり得ると思いますので、車いす体験などのイベントがあったら、積極的に参加してみたいと思います。
たまに、目隠しをして、目が見えない場合の体験をしている方々を見かけます。

点字図書館があるので、高田馬場だからなのかもしれませんが、そういった体験イベントは、今後は、どんどんやるべきだと思います。
そんな1週間を、日本全国で実施でも良いと思います。
車いすデーとか、あるんですかね。

車いすも高いと思うので、なかなか体験する事はできないと思いますが、時間が合った際は、調べて参加して、レポートしますね。
車いすに乗りながら、体力がついて、筋力がついて、そんな車いすが、開発される事を期待しましょう。
ただ、今泉兄の場合は、単なる肥満ですけどね・・・。

なので、まずは、機器に頼らず、運動ですね・・・。
でも、ほんと、腰が痛すぎる・・・。
ちょっと買い物に行っただけで、腰が痛く、もう歩けない・・・ってくらいに、腰が痛い!

しかし、これまた、食べちゃったんですよ、どうしても、とんかつが食べたくて、某チェーン店に行ってきました。
ところが・・・。
メインの、とんかつが、まずい!?

食事は、この1食だけだったのですが、何しろ、まずい!?
まずいというより、高田馬場のとんかつ屋と比べると、別物!?
かつが薄いのと、揚げ方が変な感じで、安っぽく、ダメな感じ。

でも、頂きましたよ、口直しに、アイスも頂きました。
なので、太って、太って、腰が痛い!?
結局、1食だったのですが、最近の中で、最高にデブった体重をキープでしたよ、こんな結果でした。

身長:163cm
体重:71.4kg(±0kg)
体脂肪率:28.0%(-0.7%)
ウエスト:95.0cm(-0.5cm)

たぶん、今泉兄の場合、71キロくらいが、ギリギリ、耐えられる体重なんだと思います。
それを超えると、腰痛になる仕組み。
12キロ、いや13キロ以上の重りをもって、生活しているような事ですので。

結構な重さですよ、13キロは、相当な重量です。
そう考えると、13キロ痩せたら、快適なんだろうな~、動くのが、相当楽になるかと思います。
昔は、痩せてたんですよね、確か、痩せていたんですよ。

チビティーを着てましたので。
ウエストを出して、歩いてましたので。
タンクトップだって、着れたんですよ、昔は、何でも着れたんですよ。

古着屋で、レディースの小さいチビティーと。
って、もう、過去の話は無し!
未来ですよ、未来の話をしましょう。

という事で、もち麦食べないと・・・。
外食でも、もち麦と、白米が、選べるようになるといいですね。
というか、とんかつだけ食べて、ご飯を食べなければ、いいだけでしたね・・・。

では、腰痛を治すためにも、痩せるしかありません!
これ以上太ると、生活に支障が出てきそうなので、これを限界にして、痩せましょう。
運動ですよ、運動です!

そんな気になったのに、なぜか、天気は、味方してくれません・・・。
なんですか、この天候は。
天は、今泉兄を見捨てたのでした・・・。

今では考えられないライフスタイルでも、それが当たり前になる時がやってきます。
関係ないと思っていたモノでも、それ無しに生活する事が、考えられないくらいの必需品になる事だってあります。
なので、今から、いろいろなモノに、興味を持ちましょう!