2017/07/12 23:26:00(2017/07/11 47:26:00)

価値が変動するという事は、良くも悪くも、こういう事です!

暑い・・・。
暑すぎる・・・。
自宅なら、いくら暑くても、いいんですよ、汗をかくのは、痩せている感じがするので、嫌いではありませんので。

でも、仕事中とか、打ち合わせ中の汗は最悪・・・。
今泉兄の悪臭と、デオドラントの匂いが融合して、おぇ~~~って感じでして。
最近、炭水化物を抜いて、肉を食べているのも、匂いの原因かと。

そこで、肉を控えようかな~と。
他に、タンパク質って何ですかね!?
卵?、魚?、あ、魚がありました。

明日から、野菜と、魚にしますかね・・・。
そうだ、そうだ、シーフードサラダだ!
コーヒーなど、匂いが強いモノも、ちょっと控えようかと思います。

そして、ドル高、最高です!
徐々にですが、上がったり、下がったりを繰り返しながらですが、順調に、ドルが115円に向かっている感じ。
と、思っていたら、ぐぐーんと下がったりして、何とも言えませんが・・・。

ただ、もう一押しあれば、115円に到達するような気がするので、それまで売りません!
というか、売れません!
ここまでくると、さらに欲を出して、ここ数年間で最高記録になる126円まで売らないぞ!って思っています!

という事で、ビットコインを経験できない・・・。
このままだと、ビットコインを体感できない・・・。
って事で、ビットコインを体験する方法を、そろそろ模索したいと思っています。

というのも、ドルの場合だと、そうはいっても、一定期間に変動するのは、数パーセント程度。
それでも、こんな心境になるんだな~って事は。
最近だと、短期間で10%近く変動するであろうビットコインは、乱高下が激しい株と同じように、もっともっと気になるんだろうな~と。

さすがに、為替レートを見る頻度は、だいぶ少なくなりましたよ、今泉兄の場合は。
それでも、そーですね~、日中は、1時間に1回くらいは、ついつい、見てしまいます。
という事は、ビットコインは、ドル以上のパワーがあるんじゃないかと。

そこで、どんな心理になるのかを知りたいので、もう、ドルを売ってビットコインではなく。
他の方法で、ビットコインをゲットしたいと思います。
ゲットコイン!

はい、では、今日のコラムでは、もう一度、この価値が変動するって事について、考えてみたいと思います。
そして、開発日記は、ログインとログアウトの機能を具体的に設計。
ダイエット報告では、アイスにまたも負けた・・・ってお話しです。

DIGITAL STREET

★開発日記★ログイン機能、ログアウト機能の設計をしましょう。

急きょ、搭載する事になった、ログイン機能とログアウト機能。
cookie(クッキー)による会員管理なので、結構、簡単に実装できそうな気はしています。
というのも、ポイントの有効期限であり、会員の有効期限を、最後にアクセスした時から、例えば1ヵ月にしたとします。

この場合、毎回、クッキーを書き換える必要がありまして。
もちろん、そうしたんですよ、作り直しになりましたが、クッキーの有効期限を、その都度、書き換える仕様にしています。
なので、会員IDの後ろに、ログインなのか、ログアウトなのか、その印を入れるだけ。

又は、別途、ログイン状況のクッキーを、格納するだけ。
もしくは、サーバ側にあるログに、ログイン中なのか、ログアウト中なのかを、記録するだけ。
いくつか方法がありますが、どれがいいんだろう・・・。

とりあえず、簡易版という事なのですが、両方ですかね、クッキーとログに、両方、記録しましょう。
そして、二つの状態を比較して、一致してれば、ログイン、又は、ログアウトって承認して。
違っていたら、どうするんだ・・・。

まずは、クッキーはログイン状態なのに、ログはログアウト状態の場合。
ログインしてください!って案内を出して、ボタンを押してもらうだけですね。
逆も同じですかね・・・。

クッキーはログアウト状態なのに、ログはログイン状態の場合。
そうですね、何かしらの理由で、一致しない状態なら、ログインボタンを押してもらえばいいですね。
というか、ボタンを押すだけで、ログインできてしまう仕組みなので、あまり意味のない機能ですが・・・。

同じパソコン、同じブラウザを、他の方が使う場合に、このログイン、ログアウトが必要なんですよね、きっと。
なので、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストの場合は、やはりログアウトは必要ない機能なのですが。
あえて、ログアウトしてもらいたい!って事なので、この仕様で良いかと思います。

クッキーとログが一致していなければ、ログアウトした状態に。
あえて、ログインボタンを押してもらいましょう!
そして、ログイン状態と、ログアウト状態のクッキーは、会員IDのクッキーとは別に仕込みましょう。

これで良いような気がいます!
そうですね!これですよ、これ。
ログインしてもポイント付与、ログアウトしてもポイント付与なので、どちらにせよ、ログを読み取り、ログに記録するので、問題ないですし。

と、ここで、一つ、思いついた事が。
思いついたというより、思い出した事が。
そう、ページを見ている際に、今、ここにいる!って事を、表示する機能。

というか、同じページを見ている人が、他にもいる場合に、そこにユーザがいるって事を知らせる機能。
このログイン情報を拡張すれば、実装できるような気がします!
ただ、問題は、他のページを見た際に、そのページにいないよって合図を出す仕組み。

他のページを見たら、他のページ自体に、自分がいます!って事を知らせる事はできるんですよ。
ページ毎に、ポイントを付与するので、そのユーザの、そのページ専用のログに、記録するので、そのページにいる事は把握できます。
ただ、これだと、他のユーザには知らせる事が出来ませんし、さらに過去のページに、もうそのページにはいないよ・・・って、知らせる方法を考えなくてはダメですね。

あ、出来そうな気がする!?
そのユーザが、ページAを見た際に、そのユーザの最新ログには、ページAの情報だけが記録されています。
そして、ページBを見た際に、そのユーザの最新ログには、ページBの情報だけが記録されるのですが。

その際に、最新ログの情報を取得して、ページAを見ていた事を把握して。
全体のページAのログを用意して、もう、そのページにはいないよ・・・って記録を記録すれば、いいんだ。
これで、完全に把握できるような気がします。

まとめますと・・・。
全体のログ、これは、全てのログで、記録用です。
さらに、全体の最新のログは、1行だけのログで、その時点のポイントを把握するためのもの。

この他、全体のページ毎のログは、そのページに、今、何人のユーザがいるかって記録用。
このログを見て、今、何人、同じページを見ている人がいるかを把握するって事で。
同時体験を共有する為のログです。

あ、全体のページ毎のログは、他のページを見た際に、消しちゃえばいいんだ。
そのページにいる人だけのログが残るようにすれば、その都度、そのログの情報を元に、人数を表示すれば、いいだけだ。
よし、このログを追加しましょう。

そして、後は、個人のログ。
ユーザの最新ログは、そのユーザのポイントを把握するためのものですね。
そして、ユーザの、各ページ毎のログ。

これまた、ポイントの管理で、同じページで、2回とか3回、ポイントを付与するのを、防ぐため。
あ、って事は、ログイン、ログアウトの際に、ポイントを付与するので、ログイン&ログアウト用のログも必要ですね。
ユーザは、最新ログと、ページ毎のログと、ログイン&ログアウト用のログが必要ですね。

という事は、ログイン&ログアウト用のログをチェックすれば、今、ログインしているか、ログアウトしているかを、把握できますね。
ちょっと、ポイントのログと、セッションのログ、整理したいと思います。
混ぜる方がいいのか、分けた方がいいのか、明日は、この辺を整理して、構築を進めたいと思います。

では、どんどん、機能を増やして、余計にややこしくなり、簡易版といいつつ、難しくなっていますが。
とりあえず、これ以上は機能を増やさず、いったん構築してみます。
皆さん、もう少しです、もう少しで、変動相場制ポイントシステムを、体感できますので、お待ちください!

DIGITAL STREET

★コラム★価値が変動するメリットと、デメリットを、もう一度、考えまましょう。

価値が変動する、我が社のポイントシステム。
まだ、この世に無いポイントシステムなので、正直、どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかは、やってみないとわかりません。
一応、あるんですよ、この変動相場制ポイントシステムを採用する事になった理由が。

もちろん、そのメリットがあるからこそ、採用したというか、思いついたんですけどね。
でも、今泉兄が想像もしないメリットがあるかも!?
そして、想像以上のデメリットがあるかも!?

という事で、価値が変動する、他の事例をもとに、覚悟をしておきましょう!って事で。
その中でも、最近見たニュースで、驚きの出来事が!?
そうです、ビットコインの、あの事件です。

例のビットコイン取引所が、破綻してしまったという事で、債権者の方々に、残っている資産が配当されるようなのですが・・・。
なんと、ビットコインの価値が破綻時よりも高くなっているので、破綻時点の損害額よりも、資産が多くなっているようです。
という事で、満額配当もあり得るようでして・・・。

でも、難しいですよね、この場合の判断は。
破綻時点のビットコインの価値、もちろん、円換算だったら、そうなんですよ、満額配当になるんですよ。
でも、円なんていらん!、当時のビットコインで配当しろ!ってなると、満額は無理じゃないですか。

お金持ちで、破綻時に、ビットコインの可能性を感じて、改め、同じ数のビットコインを買える人だったらいいんですよ。
でも、破綻時に、これ以上は、ビットコインは買えない・・・。
もう、貯金は無いよ・・・って人の場合。

さすがに、借金してでも、ビットコインをゲットって事には、相当の覚悟がないと、出来ないと思いますので。
なので、機会損ですよ、機会損。
円換算で、満額戻ってきただけでも、良かった・・・と思う人が多いとは思いますが。

今泉兄だったら、怒りますね・・・。
あのまま、ビットコインを保有していたら、5倍だって思うと、いくら満額戻ってきたとしても。
100万円分のビットコインだったら、本来500万円相当のビットコインなのに、100万円の現金か、100万円分のビットコインを配当されても。

400万円の損害ですからね。
破綻時に売ろう!って思った人ですら、プラマイゼロですので。
実のとこと、破綻で満額配当でラッキーといいつつ、損としか、考えられないんですよね・・・。

ま~、債権者の方々は、満額戻ってくるという事で、不幸中の幸いと思って、気持ちを切り替えるしかないとは思いますが。
これが、変動する価値の、ある意味、メリットではあるのですが、なんだかな~と。
こういった例でのメリットは、すごいメリットだ!とは、言えませんね・・・。

ちなみに、債権総額を上回っているとの事で。
上回った分も、債権者の方々に配当されるのでしょうか!?
あれから、数年経っていますので。

せめて、そうなら、利息って事で、救われますが。
そうじゃないなら、ほんと、怒りだけですよ、1000円とか1万円なら、良いかも知れませんが。
100万円とか、1000万円とか、1億円とかだったら、ほんと、辛いですよね・・・。

という事で、価値が変動すると、こんなことが起こる!?って、一つの事例でした。
とっても特殊な事例なのかもしれませんが、そういった事があり得る・・・という事で。
そして、特に価値がすっごく変動する場合は、今回のパターン、今後もあり得るかも知れませんね。

例えば、ベンチャーが倒産した場合。
残っているのは、ビットコインだったり、仮想通貨だけ。
ところが、後に、その仮想通貨の価値が急騰して、株価以上の分配がされるとか・・・。

逆に、その企業が保有している仮想通貨の価値が急騰して、株価も急騰。
しかし、仮想通貨の価値が暴落して、株価も大暴落。
変動する価値を保有していると、その企業の価値自体も変動しちゃうという、メリットであり、デメリットであり。

今後、上場企業の仮想通貨の保有数と、その種類。
株価に影響してくるんじゃないですかね、きっと、そんな気がしてきました。
特に、仮想通貨を扱う企業は、ある程度の仮想通貨を保有する必要がありますので、この辺も企業価値に連動するんだろうな~と。

そして、もう一つ、価値が変動しつつ、さらに価値が変動するサービス。
そう、個人が上場できるVALUですよ、VALU。
これも、また、変動が変動を呼ぶ可能性がありまして。

例えば、支援というか、応援するって気持ちで、VAを購入した場合はいいんですよ、この場合は。
ところが、投機としてVAを購入した場合に、こんな事がありえますよね。
とある方のVAを購入して、どんどん沸騰して、いい感じのところでVAを売却。

例えば、買値の2倍で売ったとしますよ、100万円のビットコインが、200万円分のビットコインに化けたとします。
ところが、その時点で、ビットコインの価値が暴落して、半分以下に・・・。
となると、100万円以下になっちゃうんですよ、VAをビットコインにして、ビットコインを円にした瞬間に。

もちろん、この辺の相場も計算して、ちゃんと、VAの価値が変動するんだとは思いますが。
ただ、ビットコインの価値と、VALUでのVAの価値を、ちゃんとウォッチしていないと、単にVAの数字だけを見ていると、ダメなような。
今泉兄は、VAを買った事が無いので、円換算の表記があるのかも、知りませんが・・・。

逆に、VAの価値が下がっても、ビットコインの価値が上がれば、VAを売った時点で損したような気分でも。
実際は、儲かるって事もありえるので。
何とも言えませんね・・・、こればっかりは、どういった展開になるのか、まったくわかりません。

なので、当初、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストのポイントも。
ビットコインに交換できるようにすると、変動相場制ポイントシステムが、さらに変動するので、意味がわからない・・・って事で。
ややこしいって事で、ビットコインへの交換は、考えていなかったのですが。

やはり、時代的には、アリかな~と。
無料で、ざっくり言うと、ビットコインがもらえるサービスとも言えるかも知れないので、仮想通貨初心者にとっては、入りやすいかな~と。
価値が変動するって体験を、デジストのポイントで経験して、さらに、実質、ビットコインを無料でゲットできますので。

他では、なかなか経験できませんので。
特に、無料で、変動相場制の何かを体験するサービスは、まったく思いつきませんので。
価値が変化するメリットと、デメリットを、皆さんと共に、実験できればな~と。

という事で、あまり事例がありませんでしたが・・・。
今のところ、当たり前ですが、価値がアップすれば、皆さんメリットと感じ。
価値が下がると、デメリットと感じ・・・って事かと。

そして、この変動相場制ポイントシステムのポイントを保有している場合。
デジストーンという名称ですが、このデジストーンを保有している場合。
どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのか!?

それは、わかりません!
ユーザの皆さんのメリット、デメリットは、これ以上は、未知数です。
ただ、我が社は、メリットなんですよ。

という事で、最後に、変動相場制ポイントシステムのメリット。
導入する側のメリットを語って、終わりにしたいと思います。
いや~、ほんと、画期的すぎて、誰も理解してくれないとは思いますが・・・。

まずは、ポイントをいくらでも付与できます!
これが、何よりのメリットです。
1億デジストーンでも、10億デジストーンでも、付与できてしまいます。

なぜって、ポイントの原資を、その時点で付与しているデジストーンの総数で割る事で、価値がきまるから。
デジストーンの付与数は、自由なんですよ、完全に自由です。
ただ、付与しまくると、価値が下がるので、皆さんがドン引きするので、適度な付与にしますけどね。

1ポイント=1円などの、固定相場制ポイントシステムだと、付与する際に、お金を気にしてしまうので、ポイント付与数に制限がかかってしまいます。
このネックを取ったのが、変動相場制ポイントシステムなんですよ。
これが、何よりのメリットです。

そして、価値が変動するので、皆さんが、気になり、為替レートのページのアクセス数がアップする事。
という事は、日々のアクセス数が期待できるって事です。
やはり、いくら無料でもらったとはいえ、どれくらいの価値になっているか、気になりますので。

たぶんですが・・・。
そこを期待です。
ま~、為替レートを気にするくらいなら、デジストーンがもらえるページを見た方が、デジストーンが増えるので、いいのですが。

それでも、やはり、気になるとは思います。
今泉兄も、やはり、ドルの為替レートが気になり、ついつい、見ちゃいますので。
そして、いつ、価値を固定化するか!?って部分の、ゲーム性ですね。

デジストーンは価値が変動するのですが、1デジストコイン=1円相当の、デジストコインに交換する事で、価値を固定化できます。
そして、デジストコインにする事で、デジスト内で、利用できるようになります。
さらに、将来的に、デジストコインを、ビットコインや、Amazonのギフト券、他社ポイントなどに交換できるようにしようと思っています。

このように、ポイントのメリットが、さらに変動相場制で、最強になると思っています。
実際は、どうなる事やら・・・。
ま~、近々、簡易版を公開するので、ぜひ、ご期待ください。

そして、価値が変動するメリットと、デメリットを、体感する実験にお付き合い頂くという事で。
この経験を元に、この実験を元に、正式版を構築し、公開です。
よし、一緒に、変動しましょう!

DIGITAL STREET

★ダイエット報告★ダイエット129日目。夏だ、アイスだ、ダイエットは無理だ・・・。

暑いんですよ、今泉兄は、自宅と会社が近いので、歩いての出社なので。
それでも、15分は歩きますよ、普通に歩いて15分。
そうすると、もう、汗だくなんですよ。

通常なら、自宅から駅は歩いたとして、途中、電車でエアコンが効いているじゃないですか!?
ところが、今泉兄の場合、駅を間にして、家から駅、そして、駅から会社に、連続で歩きますので。
途中のエアコンが無く、もう、会社に着いた頃には、汗だく。

そんな時、冷蔵庫に、あるじゃないですか!?
差し入れの残りのアイスが・・・。
チョコも、ピーナツも、残ってるじゃないですか!?

なので、頂きました・・・。
これが、日中のおやつでして、朝食も、ランチも無しでした。
そして、夕飯です。

レタスとトマトとキュウリのサラダは、最近の定番。
さらに、豆腐ハンバーグと、こんにゃくの何かと、カボチャの何かをいただきまして。
最近、炭水化物が少ないので、一応、ヨーグルトも頂きました。

で、またも、食べましたよ・・・。
そう、アイスを・・・。
さらに、ケーキも・・・。

夏は誘惑が多すぎ。
特に、冷蔵庫にアイスがある時点で、無理ですよ、勝てませんって。
何しろ、暑いですので、アイスが勝手に、口の中に入ってきます。

スーパーやコンビニでも、勝手に、手が出ていますので。
気づけば、アイス、特に、今泉兄はバニラしか食べませんので、バニラが冷蔵庫に・・・。
いや~、バニラ、最悪・・・、いや最高です!

身長:163cm
体重:70.1kg(±0kg)
体脂肪率:27.2%(-0.4%)
ウエスト:92.5cm(-0.5cm)

はい、微妙な感じ。
炭水化物を抜いて、この結果という事は、アイスが原因です。
痩せるはずが、1日2個のアイスが、このような結果を導き出します。

糖質カットの予定が、もうダメだ・・・。
炭水化物の分を、糖分で補っている感じがします。
というか、夏のバカヤロー!!!!

ここにきて、ほんと、アイスを食べる頻度がアップですよ、確実に増えています。
元々、そこまで、アイスが好きだったわけではないのに・・・。
やはり、炭水化物を抜いた事による、副作用かも。

これは、まずい、何か対策しなくては・・・。
糖質をカットする序章として、炭水化物を抜いたのに、ダメな気がしてきました。
という事で、緊急会議ですよ、何か、いい方法を見つけますので、お待ちください!

価値が変動するだけなら、まだしも。
価値が変動する事で、さらに、価値が変動すると、もう、計算できません。
人生、一歩一歩、着実に足していくのが、いいのかも知れませんね。