schedule2017/07/09 26:15:00

アクセス数だけを考えると、テレビで放送される映画、ドラマと連動したサイトが一番です!

いや~、楽しい!
テレビで放送されている映画を見るのが、一番楽しいです!
今日もまた、この後、見ちゃおうかな~って思っています。

という事で、その前にブログを書こうと思いまして。
そこで、コラムは、やっぱりテレビ!って事で、テレビ連動したサイト企画。
もちろん、この後、我が社で実施するサービスですが、その辺のお話し。

開発日記は、簡易版をゴリゴリと構築中ですが、今日は、どこまで作りこむかな~って事でして。
問題なのは、ポイントシステムに加える、オーナーに付与するデジストックの部分。
この辺を開発日記で語りたいと思います。

そして、最近は、やっと、いい感じになった、ダイエット報告。
やはり、炭水化物を抜くのが、一番ですね。
明日からは、日中も炭水化物を抜くのですが、夜だけでも、この成果!?

この辺を語って、開発を続けるか、映画に逃げるか・・・。
ま~、日曜日って事で、映画見ちゃおうかな~。
でも、明日も早いですからね。

よし、寝よう!
今日は、この後、寝ます!
という事で、短めになるかと思いますが、どーぞ。

DIGITAL STREET

【開発日記】タイムシェア制度によるオーナー権は、簡易版では何人募集する!?いつポイントを付与する!?

まさに、ここですよ、ここ!
そうです、タイムシェア制度を導入して、各コーナーのオーナーになれる権利。
正式版では、クラウドファンディングで、なんと1万人×12コーナー、最大12万人を予定しております。

実際は、12人集まれば、良い方なんじゃないかと・・・。
1000円で一口、1万円で各コーナー一口づつで12口、10万円で各コーナー12口の144口分のオーナー権のリターン予定。
12人だと、12000円か・・・。

それでも、一人月@120万円として、1/100ですから。
1ヵ月、8時間×20日間=160時間として、1.6時間。
12人の支援で、1.6時間分の開発が進みます!って、何ができるんだろう・・・。

ま~、積もれば、徐々にでも支援者が集まれば、塊になり。
大きな開発資金になると思いますので、地道に頑張りましょう。
そう、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストのポイントを地道に貯めるように。

で、デジストの簡易版でも、このタイムシェア制度の簡易版を構築しようと思っていまして。
作り直しになったので、まずは、ここから構築してみようかな~って思っていまして。
タイムシェア制度以外は、作り直しになりましたが、感覚はつかんだので、後回し。

で、思ったんですよ、このタイムシェア制度。
一つのコーナーで、最大1万人に、その瞬間にポイントを付与するのは、相当大変だな~と。
ユーザの方にポイントを付与したら、そのポイントの1万分の1の価値のポイントを付与するんですよ、1万人のオーナー全員に。

ユーザに付与するのは、デジストーンというポイントで、1dstと表記します。
その瞬間、最大1万人のオーナーに、実際は、一人かも知れませんし、12人かも知れませんが・・・。
そのコーナーのオーナー全員に、デジストーンの1万分の1の価値の、デジストックというポイントを付与します。

そこで、考えたんですよ!?
オーナー全員を、一つのグループとして、そのグループにデジストック、1dstcを付与する事で、負荷を軽減する方法を。
1万人に付与しつつも、実際は、1グループに付与しただけで済みますので。

そのグループに貯まったデジストックを表示するだけじゃないですか!?
いや~、今泉兄、この辺のアイデアだけは、得意というか、無理難題をアイデアで解決するのが、好きだったりします。
ところが・・・。

実際に、構築するぞ!ってところで、問題が・・・。
まったく解決してなく、得意でもなんでもなく、単なる言ったもん勝ち状態。
そして、実際には負けているじゃないですか・・・。

というのも、正式版のクラウドファンディングだと、いいのかも知れませんが。
一定期間で募集して、デジストックを付与するタイミングが、みんな同じなので、一つのグループにする事が出来ます。
ところが、簡易版だと、そうも、行かないんですよ・・・。

まずは、デジストーンを、その時の相場でデジストコインに交換するんですよ。
デジストーンは変動相場制でして、当面、価値が1時間に1回変化するんですよ。
後にリアルタイムに変化するようにしたいのですが、サーバ費用も膨大になるので、とりあえず1時間に1回にしました。

10分に1回など、短くも出来るのですが、そうなると、デジストコインに交換できない時間が、まばらになるので、1時間に1回、価値が変動する事にしました。
これで、必ず、00分~10分の間だけは、デジストコインに交換できない時間!って、決められますし、ユーザの皆さんも、覚えやすいので。
そして、デジストコインという1DSC=1円相当のコインに交換すると、デジスト内で、いろいろと使えるようになる。

それが、デジストポイントの全体像です。
で、簡易版だと、このデジストコインで、オーナー権を買うんですよ。
クラウドファンディングと同じにすると、1000DSCとかになるのですが、まずは、簡易版という事で、10DSCとか、100DSCになるかと思います。

オーナーの人数も、10人とか、100人くらいになるかと思います。
さらに、ユーザの方々に、1dst付与した際に、オーナーの皆さんに付与するのは、デジストック1dstcではなく、10dstcとか、1000dstcになるかも知れません。
10000dstc=1dstというのだけは、固定にしようかな~と。

すでに、デジストーンが変動相場制なので、ここを変更すると、混乱しそうなので。
なので、その他の部分で、調整しようと思っています。
で、思ったんですよ・・・。

簡易版だと、オーナーになる瞬間が、人によって違う・・・。
という事は、例えば、100人オーナーがいたとすると、それぞれ、その時点のデジストーンの保有数が違う・・・と。
これだと、せっかく、グループに付与する事で、処理を軽減したのに、ふりだしに戻っちゃうじゃないですか!?

その瞬間、100人のオーナーに、デジストーンを付与するって仕組みにしないといけません。
そこで、考えました・・・。
はい、二つほど、案があります。

一つは、オーナーになった瞬間に、今、どれくらい、デジストックが貯まっているかを、記録しておくこと。
例えば、5000dstc貯まっている状態でオーナーになったら、5000って記録しておきます。
後は、グループに貯まったデジストックから、その分を差し引くだけ。

1万dstc貯まったら、1時間に1回の処理の際か、1日1回、デジストーンに自動的に交換する処理をします。
その際に、この差分も考慮する事で、グループ化するメリットを、そのまま利用できます。
これがパターンAの処理方法です。

続いては、もう少し、雑な感じというか、ずぼらな方法。
それは、オーナーになった瞬間、そのオーナーグループに貯まっているデジストックをもらえるようにする。
その分、お得!って事です。

例えば、9999dstc貯まっていたら、すぐに1万dstcになるので、1dstもらえる事に。
さらには、1時間に1回なのか、1日1回なのかは、まだ決めていませんが、デジストーンへの自動交換が行われていなければ。
例えば、21001dstc貯まっている状態だったら、次の自動交換のタイミングで、2dstもらえる!?

簡単に説明すると、株の優待と同じでして。
自動交換のタイミングが、オーナー権の権利確定って事で。
その時点で、オーナーになっているユーザに、それまでに貯まっているデジストックが、デジストーンに自動交換されるって事です。

なので、例えば、将来的に、オーナー権を、売買できるようにする予定なのですが。
オーナー権をゲットして、すぐにオーナー権を売ってしまった場合。
その間に、デジストックの自動交換がなければ、デジストーンはゲットできないって事です。

株と違い、1万dstcは、すぐに貯まる想定ですので、すぐに優待というか、デジストーンがもらえます。
オーナーになった、そのコーナーに、1万人がアクセスすれば、1万dstc貯まりますので。
あっという間に、あ、デジストが人気になれば、あっという間に、毎日、毎時間、もらえるかも知れません。

そーですね~、我が社のケータイ検索サイトOH!NEW?の全盛期に、このポイントシステムがあったと想定すると。
1日70万PVくらいはあったと思うので、これを12個のコーナーに分けたとして、1コーナーあたり、ざっくり5万PV。
1日5万dstc貯まるので、1日5dst貯まる計算になります。

これがパターンBです。
というか、パターンAだと、残ったデジストックはどうするんだ!?とか、他のオーナーになっている場合は、デジストックを足さないといけないので。
パターンBが分かりやすいような気がしてきました!

という事で、パターンBに決定。
オーナー権を保有している場合、デジストックの自動交換があれば、その際に、デジストックをもらえる権利という事で。
保有していても、自動交換のタイミングで、1万dstc無いと、何も起こらない・・・って事で。

そうだ、そうだ、そうしましょう!
となると、残りは、どれくらいの人数を募集するか・・・。
どれくらいの価格で、何人に、オーナー権を販売するか・・・。

これは、やってみないとわからない部分もありますが・・・。
まずは、1万人は無理として、1000人も多いような・・・。
簡易版でも反響があれば1000人にしたとしても、当初は100人くらいが、いいですね。

とりあえず100人で、10DSCくらいで・・・。
安い!?10円相当ですよ!
しかも、ユーザの方がアクセスしたら、1000dstcくらい、付与しちゃおうかな~。

10人、今泉兄のブログにアクセスしたら、1dstもらえる!?
そうですね、これくらいの相場がいいかも知れません。
いや100dstcくらいにしましょうか!?

さすがに、動画紹介コーナーを公開したら、一日1000人くらいは、アクセスしてくれるような・・・。
それでも、月に3万PVですので、これくらいは、全然いくかと。
いや~、迷いますね~。

ま、進めながら、減らしたり、増やしたりすれば、いいですね。
簡易版という事で、この辺は、臨機応変に対応したいと思います。
という事で、オーナーの仕様が決まったので、開発、進めます!

DIGITAL STREET

【コラム】やはり、テレビが一番。でも、テレビ連動したサービスの成功事例を知らない・・・。

あったんですよ、とあるニュースアプリで、テレビ実況のコーナーが。
でも、気づけば、そのコーナーは閉鎖されていました。
アクセス数があったとしても、マネタイズできないと、サービスとしては成り立たないって事ですかね。

それとも、アクセス数がいまいちだったとか・・・。
なんだろう、これだけは、運営元しかわからない事なので、何とも言えません。
でも、日本だと、まだまだ、テレビが一番のメディアだと思うんですよね~。

結局、ニュースサイトでも、テレビで放送されたことを、こすったりしていますので。
もう、テレビの内容を、そのまま、テキスト化するメディアが出てきても、おかしくないと思います。
もちろん、テレビ局と提携して、テレビテキストメディアとして、情報発信です。

そして、どうしても、映像で見たい人は、TVerとか、テレビ局のオンデマンドサービスとかで見る。
あと、数年もしたら、テレビ局が、番組テキストメディア、作るんじゃないですかね!?
写真と映像をちりばめて・・・。

そしたら、最強のような・・・。
TVerTEXTとか、やりたいな~。
TEXTVerやりたいです・・・。

シェアされまくって、番組の宣伝にもなりますし。
もちろん、スポンサーの広告を入れれば、いいじゃないですか!?
少し、割増しにして、そのメディアの運営費くらい、稼げますって。

元々、テレビ番組の制作費は、他のメディアの製作費にくらべると高いと思いますので。
できるんじゃないですかね、割増しで、少し割増しにして、テレビをテキスト化する。
というか、もう、水面下で、どこかのベンチャーが、やっていそうですね。

という事で、我が社が出来る事、それは、テレビを見ながら、チャットする、タイムラインに投稿する。
ツイッターでいいじゃないか!?って言われるのですが、あちらは、大きな海ですので・・・。
こちらは、小さない池ですので、テレビ番組と連動するには、小さい池の方がいいんですよ。

余計な情報が入ってきませんので。
ハッシュタグも、余計な情報が入ってきますので、専用のタイムラインが重要なんですよ。
今泉兄が考えた中で、これが、最高のテレビ連動のサービスの答えでした。

映画、そして、ドラマだと、この方式が一番。
タイムラインを用意して、その瞬間だけ、みんなで見ながら語る。
チャットルームは、少人数で、その瞬間だけ、テレビを見ながら、映画、ドラマを見ながら語る。

でも、先ほどのニュースアプリも、撤退していて。
実は、今泉兄の知らないところで、すでに、定番になっているんですかね。
このような投稿サービスが。

2ちゃんねるの実況とか、あまり詳しくないので、わかりませんが。
テレビ連動、あたりまえ!?
ヤフー掲示板とかでも、テレビは、当たり前!?

なんだか、テレビは、当たり前すぎて、あえて、やらないのか、すでに流行っているのか。
ここは不明ですね・・・。
スポンサーの関係で、あえて、目立つようには、できないのですかね・・・。

ま~、何かあるなら、サービスを始めたら、すぐに、何かしらのアクションがあるかと思いますので。
その良くも悪くも、反響を待ちましょう。
でも、ツイッターに広告が出ている事を考えると、規制とか、ルールは無いような・・・。

テレビを見ながら、ツイートした時だけ、広告が掲載されないなんて、難しいと思いますので。
専用のタイムラインではないけど、ハッシュタグを入れた時点で、番組は特定できますので。
ユーザが入力するから、制御できないって事で、無法地帯なんですかね。

デジストのタイムラインも、基本、ユーザの皆さんが、作成するので、無法地帯というか、制御はできませんが。
どーなんだろう。
ま~、アクセス数がすごい事にならないと、反応は無いと思うので、待ちましょう、サービス公開と、サービスの成功を。

でも、これだと思います!
日本だと、テレビを見ながらの投稿サービスが、最強だと思っています。
アクセス数だけを考えるなら、マネタイズを無視すれば、絶対に、テレビ連動が一番です!

たぶん、デジストも、即死すると思います。
速攻で、パンクですよ、サーバがパンクして、サービスが成り立たない・・・って事が、近いうちに発生かと。
特に、映画、ジブリだったりすると、一発でアウトのような・・・。

しかも、タイムラインという事で、相当なトラフィックになりますので。
まったく無名のサービスなので、そこまでいくのには、時間がかかりそうですが。
何かの拍子で、話題になったら、やばそうな気がします!

それくらい、日本は、テレビなんですよ、テレビが面白くないなんて、誰も思っていませんよ!
実際のところは、それでも、テレビを見る、見まくるのが、日本。
そして、実際は、面白いですからね、ドラマも、ぜんぜん、面白いですって。

という事で、期待しましょう。
テレビを見ながら、専用のタイムライン。
このサービスが成功する事は、すでに決まっていますので。

ただ、デジストじゃないかも・・・って事です。
なので、成功する確率を上げる為に、テレビ番組のテキスト情報、やりたいな~と。
ま、そのうち、ご縁があれば、テストケースとして、どこかの局のどこかの番組で、実験させていただければと。

そんな日も、たぶん、近いと思います!
そこには、もれなく、デジストのチャットとタイムラインが搭載されているはず。
今後のテレビ番組、どんんどんネットと融合して、進化すると思います!

DIGITAL STREET

【ダイエット報告】ダイエット126日目。糖質カットは、野菜と肉のセットが、長続きしそうな気がします!

いい感じじゃないですか!?
夜は炭水化物を抜きにしまして、いい感じで推移しています。
では、いい感じの時は、まずは、体重結果から。

身長:163cm
体重:68.9kg(-0.7kg)
体脂肪率:26.6%(-0.7%)
ウエスト:93.0m(±0cm)

よし、よし、痩せているじゃないですか!?
これですよ、これ、ダイエットは、こうじゃないと、面白くありません!
やる気も、マンマンですよ、大成功しそうな気がします。

昨日は、遅めのランチで、やきそばを半人前。
そして、コーンスープ。
さらに、日中って事で、ケーキも頂きましたよ。

でも、夜は、完璧です!
トマト、そして、キュウリ、さらに、レタスをひきまして。
そうです、上には、またまた、ローストビーフ。

先日、外食で、初めて食べた、ローストビーフボウル。
ご飯の上にローストビーフの、ローストビーフ丼ではなく!?
なんと、ローストビーフの下に、サラダをひいた、ローストビーフボウルを、初めていただきまして。

そこで、自宅でも、ピーコックで買った、たぶんイオングループになったので、イオンのローストビーフ。
これをですね、レタスたっぷりの、トマトときゅうりも入れた、サラダの上に、乗せまして。
食べたんですよ、ローストビーフについていたソースでいただきました。

これなら、続けられそう・・・。
豆腐とかを主食にすると、いまいち、長続きしないんですよ。
でも、これなら、サラダに肉なら、いけそうな気がしてきました。

言っちゃいますけど、今日の夜も、このパターン。
明日も、このパターンにする予定。
朝は、肉を無しにして、サラダだけ。

肉を頻繁に食べると、夏なので、匂いが厳しくなりますので、夜だけ肉にします。
朝はサラダだけにするか、朝は無しで。
昼は、蕎麦にするか、無しにします。

これで、1週間、やってみますよ。
そして、1週間後は、完全に糖をカットします!
アイスやチョコも食べちゃっていますが、それも禁止にします!

そして、いざという時の為の、黒糖を買ったので、最悪、耐えられなければ、黒糖を一つかじります。
これだけで、1週間、来週の1週間は、過ごしてみます。
サラダのソースやドレッシングから、糖質を無くす。

糖質が入っているか分からない場合は、もう、塩でいただく事に。
食材の味を感じる1週間にしたいと思います。
後は、トイレが、ちゃんと出る事を祈って・・・。

ヨーグルトも、再開しましたので、大丈夫かな~とは思っています。
後は、繊維質だとなんだろう・・・。
サラダに、キャベツを入れますかね。

という事で、明日も期待できそうです。
徐々に、徐々に、痩せる事を祈って、今日は寝ます!
そうです、明日からは、早起きするんですよ!

運動するかは、わかりませんが・・・。
早めに起きて、朝ブログ書くようにしてみます!
って、無理かもな~、これだけは、無理かも知れませんね。

では、いい感じの報告ができるような気がしますので。
明日の朝、いや、夜にお会いしましょう。
サラダボウル、最高です!

瞬間風速に耐えられるサーバを用意する事が、テレビ連動サービスの神髄。
クラウドが当たり前になった事で、うまく調整すれば、コスト的にも大丈夫かも。
テレビ連動サービスは、今、今だからこそ、できるサービスなのかも知れません。