schedule2017/06/30 36:35:00

少年ジャンプアプリ開発コンテストの第一次選考に、見事落選!!ダメだった企画提案書を、一挙公開!?

このコンテストに社運をかけていたのに・・・。
なぜって、開発費が最大5000万円、でるんですよ!?
いや~、残念、無念、もう、全てが終わりました・・・。

まさか、一次選考で落ちるなんて・・・。
予想はしていましたけど、実際に、リアルに落選が決まると、夢も希望も無くなりますね。
悲しくて、涙がでないくらいに、落ち込みましたよ・・・。

でも、わかっていましたよ。
なぜって、今泉兄、ジャンプは小さい頃に卒業して、ヤンマガ派だったんですよ。
今泉弟は、いまだに、ジャンプを愛読していますけどね。

やはり、今泉兄弟二人で愛読していなかった事が、原因の一つだと思います。
企画書を書いたのは、今泉兄なので、たぶん、ばれたんですよ・・・。
こいつは、ジャンプを読んでいないな・・・と。

という事で、詳しくは、コラムで、どんな企画書だったのか、全貌を発表しちゃいます!
落選した企画なので、どーでもいい内容ですが、見てやってください!
それが、せめてもの、この企画の供養になりますので。

そして、今日は、ほんと疲れました・・・。
そうです、遂に、いろいろと法的な部分も含め、本格的に調査開始という事で。
この辺は、開発日記でご報告します。

という事は、心身共にお疲れという事で、ダイエット報告では、痩せた報告ができるんじゃないですかね!?
あ、でも、今朝の結果だから、まだ元気だったので、その時点では痩せていませんね。
どれくらいだったか忘れましたが、一応ご報告という事で、もろもろ、どーぞ。

DIGITAL STREET

【開発日記】クラウドファンディングのリターンで、ポイントが貯まるのは、投資型?購入型?

ややこしや~、ややこしや~。
ポイントの価値が変動するだけでも、ややこしいのに、さらに、ややこしい事が連発。
一つ、ひとつ、クリアーしていくしかないので、まずは、整理しましょう!

という事で、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストですが。
国に申請とか、登録とか、届出とか、手続きとか、どんな事が発生するのか、本格的に調査開始。
完璧にしたいと思うのですが、ほんと、ややこしや~。

一つ、一つ、見てくださいよ、ほんと、大変ですので。
では、順を追って、整理していきたいと思います。
まずは、クラウドファンディングでの資金調達から。

支援者へのリターンが問題なんですよ、リターンが。
今、考えているのが、ベータ版に参加できる権利。
そして、デジストの各コーナーの共同オーナーの権利をプレゼントしようと思っていまして。

オーナーになると、各コーナーの広告売上に連動して、ポイントがもらえるんですよ。
通常、デジストにアクセスすると無料でもらえるのが、デジストーンというポイントなのですが。
このデジストーンとは別に、デジストにアクセスしなくても、勝手にポイントが貯まるんですよ。

それが、オーナー制度でして、その権利もプレゼントです。
他にも、デジストのスペシャルサンクスページに、ハンドル名を記載したり。
何かしらのリターンは考えていますが、やはり、気になるのが、オーナーの権利プレゼントです。

で、この場合、クラウドファンディングの購入型のリターンにできるかどうか。
まずは、クラウドファンディングの運営元に相談してみようかと思います。
どうも、リターンに金銭や、配当などは禁止しているようなので、このオーナー権によるポイント付与が問題ないかどうか。

NGだった場合や、配当に該当する場合は、投資型のクラウドファンディングで募集しないといけないかも知れません。
でも、投資型って、たぶん、株の投資だと思うので、単にオーナー権だと、違うような・・・。
これが一つ目のハードルです。

そして、クラウドファンディングの購入型での資金調達に問題なかった場合を想定して。
続いては、第二種金融商品取引業へ登録が必要になる可能性がある点です。
というのも、購入型という事は、ある意味、オーナーの権利を購入する事になりますので。

オーナー権を購入して、その権利が元で、ポイントですが、配当があるという点。
単にポイントが貯まり、デジスト内で使えるだけならいいのですが。
実は、デジストのポイントは、後に、ビットコインや他社ポイント、電子マネー等に、交換可能にしようと思っているんですよ。

しかも、オーナーの権利は、後に、ポイントですが、売買を可能にしようと思っています。
デジストーンを、デジストコインに交換して・・・。
仕組みは後で説明しますが、デジストコインで、オーナーの権利を売買できるようにします。

そうすると、クラウドファンディングで支援した金額を、上回る可能性もあり。
さらに、オーナー権を売らなくても、日々付与されるポイントが、クラウドファンディングで支援した金額を上回る可能性もあり。
そして、ビットコインなどに交換可能に・・・。

このスキームだと、もしかしたら、第二種金融商品取引業へ登録が必要かも・・・。
その場合、結構な時間と、コストと、手続きが面倒なのと、いろいろとデメリットが多くなります。
この部分が、第二の問題でして、今回の件で、一番の大きなハードルになります。

そして、最後は、これは仕方ないというか、そのつもりだったので、問題無いのですが。
我が社のポイントは、無料でもらえるポイントです。
この時点で、資金決済法の「前払式支払手段」に該当しないので、規制は関係ないのですが・・・。

オーナーの権利を持っている方々は、無料でもらえるポイントなのですが、実際は、オーナー権を購入した形ですので、「前払式支払手段」に該当するかも知れません。
ただ、この場合は、財務局に届出をして、ポイントの残高が1000万円を超えた場合に、半分以上を供託するだけ。
元々、全額をどこかに保管しようと思っていたので、全額供託する事が可能ならば、そうしようと思っています。

実は、「前払式支払手段」は、ポイントの有効期限が6ヵ月以内なら、該当しなくなるのですが。
だったら、ポイントの有効期限を6ヵ月にして、「前払式支払手段」に該当しなくしよう!って考えたのですが。
我が社のポイントは、ちょいと複雑でして、断念したんですよ、有効期限を6ヵ月にする事は。

まず、デジストでもらえるのは、先ほどもご説明したように、デジストーンというポイントです。
そして、このデジストーンは、価値が随時変動するのですが、ここぞ!ってところで、価値を固定化できます。
それが、デジストコインでして、デジストーンをデジストコインに交換すると、固定の価値になります。

ちなみに、1コイン=1円相当を予定しています。
で、このポイントを交換するってところが、相当、複雑にしているんですよね・・・。
ポイントの有効期限という点で、どう計算したらいいのかが、難しいんですよ。

例えば、100デジストーン=1コインの場合です。
デジストコインに交換する前の、1デジストーンが6ヵ月前に発行され。
残りの99デジストーンが今日発行された場合を、考えてみましょう。

今日、デジストコイン1枚に、交換した場合です。
この場合でも、デジストコインの一部、ほんの1%は、発行日が6ヵ月前ですので。
残りの99%部分も、そこに引きずられ、今日の時点で、このデジストコインも発行日から6ヵ月経っていると、認識する方が良いかと思っています。

ルールがある場合、厳しいジャッジで判断しておいた方が、何かと後でメリットですので。
もしも、自社内でポイントを交換するだけで、有効期限がリセットできるなら、同じ価値のポイントに交換しまくれば、「前払式支払手段」に該当しなくできますので。
やはり、デジストの場合、デジストコインに交換した場合、その一部の、一番古い発行日に合わせるのが、良いと思っています。

で、どうするかって事なのですが・・・。
6ヵ月で消滅してしまうポイントにするのは、ちょっと有効期限が短いかな~と。
変動するので、すぐにはデジストコインにしない方々が多いと思うんですよ。

さらにサービス公開直後は、デジストコインの使い道が、あまりありませんので・・・。
なので、さすがに、デジストのポイントの有効期限を6ヵ月以内にするのは、無理と判断しました。
という事は、「前払式支払手段」に該当する可能性があるという事で。

まとめると、クラウドファンディングの購入型でいいのかどうか。
そして、第二種金融商品取引業へ登録が必要かどうか。
当面、ポイントは、デジスト内でしか使えないのと、オーナーの権利の売買も、当初は実装しませんので。

その間は大丈夫だと思いますが、後に、デジストコインをビットコインなどに交換可能にした時点。
さらに、オーナーの権利を、デジストコインで売買可能にした時点。
ここで、第二種金融商品取引業へ登録が必要になるかを、事前に調べておきたいと思います。

そして、最後は、「前払式支払手段」に該当するかどうか。
クラウドファンディングの購入型での支援金募集が実現するなら、ここは考えておかないとな~と。
この3つの問題が、絡み合い、複雑になるような気がしています。

なので、誰か、教えて~!!!!って事でして。
たぶん、大丈夫なんですよ、きっと、全て適用外だとは思っています。
なぜって、これがゲームだった場合を考えてみてください。

まず、購入するのは、ゲームの課金だと思ってください。
課金すると、ゲーム上の土地がもらえます。
その土地では、農作物が育ち、その野菜を売ると、ポイントが貯まります。

そのポイントで、さらに土地を買って、農作物を増やして、さらなるポイントをゲットする。
又は、育てた土地を、他のユーザに売って、ポイントをゲットする。
ポイントで、肥料や農具や、種を買って、どんどんポイントを増やす。

これが、デジスト内で楽しむって事と同じ事になります。
ただ、その先ですが、そのゲームのポイントが、ビットコインに出来てしまう・・・。
この時点で、第二種金融商品取引業へ登録が必要になるかも・・・。

やはり、デジスト外で使えるようにする時点が、キーポイントのような気がします。
まだまだ、そこまでは、少し時間があるので、やはり弁護士の先生に相談ですね・・・。
100万円くらい、たぶん、覚悟しないといけませんね・・・。

という事で、稼ぎましょう!
先に、クラウドファンディングで資金を募集したいのですが。
鶏と卵、どちらが先になるかわかりませんが、どちらにせよ、まずは整理して、財務局にいってきます!

金融庁に相談したら、財務局管轄との事でして。
財務局の方に相談したら、丁寧に教えて頂けました。
やはり、弁護士の相談から・・・との事でしたので、もう少し自力で整理して、弁護士に相談しようと思います。

簡易版は、お金の動きがなく、デジスト内でしか動かないポイントなので、同時進行で、様子を見ながら。
システム構築と共に、利用規約や、届出や登録など、しっかり準備したいと思います。
アイデアだけじゃ、ビジネスは成り立たないので、ここが正念場のような気もしますので、一歩ずつ前進したいと思います!

DIGITAL STREET

【コラム】少年ジャンプアプリ開発コンテスト落選企画は、コレだ!?

落選通知。
受験でも、アルバイトや就職の面接でも、告白でも、何しろ、断られるというのは、辛い事でして・・・。
あ~、今泉兄は、必要とされていない・・・と、ほんと、落ち込みますね・・・。

辛いというか、恥ずかしいって部分もあり、悔しい、そして、悲しい。
いろいろな感情が重なって、穴があったら・・・って気分でしたよ。
自己否定されたようで、このショックは、当事者しかわからないとは思いますが、もう、ヤダ・・・。

とくに、ジャンプコンテストに出した企画は、今泉兄、そのものですので。
今泉兄の人生であり、我が社であり、今泉兄=この企画という事で、落選は、そのまま、今泉兄自身がボツという事。
この世に必要ない存在という事が、明確になったという事で、存在自体が否定された事なんですよ。

なので、余計に辛い・・・。
でも、いいんです、いいんですよ、いいんです。
どうせ、数時間で書いた企画書だったので、無駄になったのは、その数時間ですから・・・。

しかも、実は、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」の一つのコーナーに、ジャンプってつけただけですので・・・。
手抜きですよ、手抜き。
元からある企画を、ジャンプ風にしただけですので。

いいんですよ、そーですよ、そうそう。
取ってつけたような企画というか、企画書だったんですよ。
99%は、このブログで公開した内容で、1%が付け加えた内容、というより、ジャンプという文字。

だから、いいんですよ、デジストが落選したんですよ、デジスト自体が。
今泉兄が考えた、ビジネスモデルが通用しなかったという事で。
それだけの事なんですよ、今泉兄、そして、デジストが落選しただけなんですよ。

でも、理解されなかった事は、ある意味、ビッグチャンスというか、可能性があるという事ですので。
誰でも理解してしまう内容だったら、マネも出来ますし、誰でも考えられる企画って事ですので。
ダメだったという事は、それはそのまま、ビジネスチャンスって事に繋がりますよ!

という事で、どんな企画だったかというと、すでに公開済みでして。
そう、同じ時間に、同じジャンプの作品を読んで、チャットしたり、タイムラインにコメントを投稿する企画。
そうです、イツナニヨムですよ、イツナニヨム・ジャンプとして、企画書を書いたんですよ!

単に、イツナニミルの一緒に動画を見る企画を、マンガに置き換えただけ。
自動的に、マンガのページがめくられ、見ている人、みんなが同じページ、同じコマを見る事ができて。
チャットしたり、タイムラインにコメントしたり・・・。

課金もできますし、無料で広告収入でもいいですし。
スタンプと同じ仕組みで、シールという機能を搭載するのですが、それはもちろん、作品のシールでして。
他にも、ジャンプ放送局を復活させて、皆さんのホームページにガジェットを掲載してもらい、投稿内容が表示される・・・とか。

ま~、元々、このブログで発表してきたデジストのサービスを、ほんと、ジャンプ版にしただけ。
そりゃー、無理ですよ、まだこの世に無い概念であり、楽しみ方ですので。
理解されるわけが、ないんですよ。

いいですよ、もう、自力で作りますので。
イツナニミル・マンガで、どこかの電子書籍サービスと連携して、マンガをみんなで読む文化を作ります。
そして、ジャンプの担当者の方々が気づき、その時、何かご縁があれば、ご一緒出来る事を夢見て。

あ、他の出版社の方々、やりましょう!
ジャンプでボツになった作品が、他の出版社で採用され、大ブレイク!?
そんな事も、たぶんですが、過去にあったかと思いますので。

ジャンプコンテストでボツになった企画が、他のマンガ雑誌の企画として復活!?
そして、大ブレイクする・・・というストーリーでいきましょう!
しかも、紙面連動という事で、このストーリー自体を、リアルにマンガ連載するってどうでしょうか?

昔、我が社は、とある雑誌の連載コーナーで、まさに、ベンチャー日記として。
ケータイサイトの紹介と共に、我が社のリアルタイムな物語が、掲載されていましたので。
それを、今度は、マンガでやりましょう!

万が一、どこかの出版社のマンガ担当の方が、このブログを見たら!?
ぜひ、ご連絡ください!
イツナニヨム・マンガ、一緒にやりましょう!

もちろん、電子書籍にしなくても、毎週、隔週、毎月販売しているマンガを見ながら・・・って事も可能ですので。
一切、費用は掛かりませんので、たぶん・・・。
かかったとしても、ちょっとした軍資金程度で、できちゃいますので。

どうせ、イツナニヨム機能は構築しますので、このデジストの仕組みに、乗っかるだけ。
ユーチューブのチャンネルを登録するくらいに、気楽な感じで、やりましょう。
マンガの発売日に合わせて、作品毎に、チャットルーム、タイムラインを準備するだけです!

いや~、できるじゃないですか!?
マンガとの連動企画。
発売日に、同じマンガを見ながら、コミュニケーション。

同時体験が、人を動かしますし、人の心を動かします!
残念な事に、ジャンプの方の心は動きませんでしたし、このすごさが伝わりませんでしたが・・・。
だからこそ、他のマンガの関係者の方々には、伝わるかと思います。

捨てる神あれば拾う神あり。
どうぞ、どこかの出版社の方、今泉兄を、デジストを、拾ってやってくださいませ・・・。
共に、マンガに新たな文化を、マンガを同時に読むというスタイルを、創りましょう。

ま~、勝手にユーザの方々が、チャットルームやタイムラインを作ると思いますけどね・・・。
マンガや小説、雑誌などなど。
なので、実は、ジャンプは終わりましたが、これは、始まりなんですよ。

特定の雑誌だけで独占して実施するのも、アリかも知れませんが。
やはり、いろいろな作品を、自由に読んで、語る場。
それが、デジタルストリートのイツナニヨムですので。

結果、よかったんですよ。
こんな素晴らしい、ジャンプの方には理解できなかったかもしれませんが、こんな、こんなすごい仕組み。
より多くの作品で、使ってもらう事が、何よりですので・・・。

こんなスゴいのに・・・。
なんで、なんで、わかってくれなかったんだろう・・・。
もう、ショックで、食べ物しか、喉を通りません・・・。

もう、ショックで、爆睡。
ブログを書く手が、すいすいと、動きます。
いや~、残念・・・。

という事で、忘れましょう。
もう、マンガも当面、忘れましょう。
まずは、動画から、イツナニミルから、スタートなので、そちらに気持ちを切り替えましょう。

いつかまた、何かしらのコンテストがあったら、エントリーしてみます。
もちろん、デジストをカスタマイズした企画。
もう、今泉兄は、デジストしかやりませんので!

DIGITAL STREET

【ダイエット報告】ダイエット117日目。明日からが、本番ですよ、本当に本番です!

7月から、本格的にダイエットをするって決めました。
10キロ痩せて、リバウンドして、5キロ痩せて、さらに5キロ痩せて。
そこで踊り場になり、少しもがいて。

その後、一気に3キロ痩せて、見事、ゴールするってストーリーにしました。
こんな計画通りに行くのか、わかりませんが、やはり、大きな目標と共に、小さい目標の積み重ね。
といいつつ、一気に10キロ痩せて、リバウンドして10キロといのは、大きな目標ですが・・・。

ま~、ストーリーがあった方が、演じやすいので、そうしましょう。
という事で、まだ6月の報告という事で、本格的ではないって事にして。
食事レポートと体重報告です。

昨日は、朝から、カレーをいただきまして。
夜は、つくね丼、なんと2杯もいただいてしましました・・・。
という事で、こんな結果。

身長:163cm
体重:69.5kg(-0.7kg)
体脂肪率:26.7%(-0.7%)
ウエスト:93.0m(±0cm)

あれ、思ったより、痩せている・・・。
まさか、朝カレーが、体を熱くして、代謝を良くしたとか!?
ないない、単なる勘違いで、たまたま、カロリー消化が多かったのでしょう。

では、これにてダイエット報告終了と、言いたいところなのですが。
せっかくなので、7月からの本格ダイエット。
出だしの10キロですが、どのように実現するか、もう少し紐解いてみましょう。

まずは、運動ですね。
熱くなってきたので、なるべく早く起きて、涼しいうちに、ランニングですね。
簡易版の開発もしているので、夜、遅くなりがちですが。

朝のプログラムも、冴えているので、はかどりそうなので、早くに起きて、ランニング。
そして、早朝プログラムで、簡易版を一気に完成させたいと思います。
無理だと思いますが、まずは、この計画で。

食事も、やはり、夜は、炭水化物抜きましょう。
これが、実は、一番効果的。
過去の実績で、炭水化物抜きが、一番、手っ取り早くに、痩せられます。

ただ、続かないので、夜だけ、そして、10キロ痩せるまでの期間限定。
あれは、長くやるモノでは、ないですね・・・。
そして、朝や日中は、普通に炭水化物をたべるようにします。

でも、ほどほどに。
そして、朝ですが、実は、青汁が大量に残ってまして・・・。
当面、この青汁を飲むだけにします。

よし、まずは、朝の運動と青汁。
そして、夜は、炭水化物抜き。
この辺から、スタートしてみます!

ではでは。
週末は、開発に燃え、そろそろ簡易版の公開からスタートです。
そして、クラウドファンディングで資金調達です!

落選するという事は、誰かが合格するという事。
その人が幸せになるなら、いいじゃないですか、落選しても。
人は相対的な生き物なので、落選者の裏には、必ず合格者がいて、落選者がいるからこそ、合格者が幸せになれます。