schedule2017/06/28 45:05:00

固定が当たり前のものが、変動するようになると、何が生まれるかを考えてみた。

着実に、一歩一歩進んでおります。
え!?新サービスの簡易版の開発ですか!?
あ、はいはい、そちらも、もちろん進んでいますよ、毎日、ゴリゴリ作成中です。

それよりも、ドルですよ、ドル!
今泉兄の使ってはいけない、半年後に使う予定のある、唯一の貯金。
それを、全額、ドルにぶち込んだんですよ。

そのドルが、徐々に・・・。
円換算で、増えている・・・。
微々たる金額ですが、増えるという事は、こんなに気持ちがいいなんて、知りませんでした!

株も、FXも、増えた事、全然なかったので・・・。
多少は増えた時期もあったとは思いますが、大幅に減って、大損した記憶しかないので・・・。
増えるという事は、ほんと、精神を安定させるんですね。

という事は、我が社の新サービスですが、ポイントの使い道、ポイントを貯める目的を、考えて続けていますが。
実は、変動相場制ポイントシステムという事で、日々、ポイントの価値が、変動するのですが。
それが実は、一番の楽しみであり、ポイント自体が目的になる!?コンテンツになるかも!?

いや~、灯台下暗しとは、まさに、この事ですね。
メインのチャットやタイムラインへの書き込みの後ろに、ひっそりとポイントシステムを搭載する予定でしたが。
意外と、この変動するポイントシステムを前面に出すのも、いいかも!?

いや、ダメですよ、ダメ!
ポイントサイトにしてしまうと、絶対にダメだと思っています。
あくまでも、普通に使ってもらって、ちょっとだけ、ちょっとだけ、ポイントが貯まる感じ。

そこを目指したいと思います!
やはり、コンテンツファーストですよ、コンテンツがメインであり、コンテンツを制したサイトが、勝ち残りますので。
とっとと、ポイントシステムを構築して、コンテンツを充実したいと思います。はい。

ところで、前日のお伝えした、Facebookの原点「フェイスマッシュ」。
2枚の顔写真を並べて表示し、気に入った方をクリックする事で、ランキングする仕組み。
その仕組みを、映画サイトに取り入れた「シネマッシュ」ってサービスを考えていたのですが。

なんと、「フェイスマッシュ」のアルゴリズム、ちゃんとあるじゃないですか!?
フェイスブックの映画にも、そのアルゴリズムのシーンがあったようです!
その名も、「イロレーティング/Elo rating」というらしいです!

これで、この計算式をプログラムに取り入れれば、できる!?
計算式をみただけだと、よくわかりませんが・・・。
なにしろ、このアルゴリズムで、いろいろなものを、イロレーティングしちゃいます!

まずは、映画作品をイロレーティングして。
映画俳優、映画女優もイロレーティングして。
好きなシーンやセリフだって、イロレーティングしまくりますよ!

もう、いろんなものを、イロレっちゃいましょう!
例の140文字で映画紹介して、その紹介文がテロップで表示される、映画レビュー投稿コーナー。
同じ作品のレビューで、どっちの紹介文の方がいいか!?ってイロレだってできますよね。

川柳や俳句を比べる事だってできるので、映画のレビューだってできますよ。
いや~、早くタイムライン作らないと・・・。
もう、今泉兄の中では、新サービスが公開されれば、楽しくて仕方ない!!!って毎日になると思っています。

その為にも、開発、開発、という事で、開発日記では、開発苦労日記をお届け。
そして、今日のコラムは、変化により、何か生まれないか!?と、模索し。
そして、こちらは、変化は変化でも、増える方だと、心も体も参ってしまう、ダイエット報告です。

DIGITAL STREET

【開発日記】簡易版でも意外と大変な、変動相場制ポイントシステムの構築。

なめたらアカン、変動相場制ポイントシステム。
我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストは、ポイントの価値が随時変動するのですが。
この事で、相当、処理が複雑になる事を、わかってはいましたが、今、さらに実感しております・・・。

誰も、こんなポイントシステムを採用しないと思いますので、まったく意味の無い内容になりますが。
万が一、我が社の特許である、変動相場制ポイントシステムを活用する企業が現れた場合・・・。
そのシステムを構築するエンジニアの方に向けに、語りますね。

もしくは、後にプログラマーになる小中学生のみんなに向けて。
固定のモノが変動すると、こんなに面倒になる・・・って、メッセージを残したいと思います。
変化とは、無限の可能性が出てしまうので、プログラムを考えると、恐ろしい!ってお話しです。

では、まずは、固定相場制ポイントシステムだった場合。
通常のポイントのように、1ポイント=1円などの固定相場制だった場合。
どれだけ楽なのか、見てみましょう。

では、はじめます。
会員登録は、どちらのパターンでも一緒なので、スルーします。
ポイントを管理する口座が完成したあたりから、見てみましょう。

まずは、固定相場制のポイントシステムの、ポイントが貯まる仕組みから。
そのユーザにポイントを付与するだけ。
以上、おしまいです。

全体のポイント数は、ユーザ全員のポイントを合計すればいいだけ。
以上、おしまいです。
ポイント付与の上限が決まっていたら、上限に達したら、付与をストップするだけです。

ポイントが使われたら、ポイントをマイナスするだけ。
この場合、全体のポイントも、ユーザ全員のポイントを合計すればいいだけなので、簡単です。
要は、ユーザのポイントが今、どれくらいなのかが把握できれば、全体も把握できます。

足し算と引き算。
小学生だって、これくらいなら、問題なく、プログラムを組めるかと思います。
小数点なんて、ここには存在しません!

では、変動相場制のポイントシステムが、どれだけ面倒なのか、ひも解いてみましょう。
まずは、ポイントの原資が必要になります。
なんらかのルールの元、ポイントの原資を注入します。

1日1回でも、1分に1回でも、1ヵ月に1回でも、1ヵ月に数回でも、構いませんが。
一定期間に、どれくらいポイント原資を注入するかの処理が必要になります。
さらには、ポイント原資の資金も管理する必要があるのですが、ややこしいので、ここではスルーしますね。

なにしろ、この部分が、まずは、余計に発生します。
少し面倒な事が発生したって事でして。
1メンドーって事にしましょう。

続いて、ポイントの付与ですが、これは、変動する方のポイントなので、新たに計算する必要があります。
ユーザに変動するポイントを付与するので、1メンドー追加。
全体のポイント総数も計算する必要があるので、1メンドー追加です。

この時点で、すでに3メンドー追加されてしまっています。
さらにですよ、変動相場制ポイントシステムという事で、ポイントの価値を随時、ユーザの方がわかるようにします。
これは、ポイント原資を、全体のポイント数で割る事で計算できますね。

まずは、現在の価値を計算するので、1メンドー追加。
さらに、どれくらいポイントの価値が変化したかを、株や外貨のように表示する必要がでてくるんですよ。
この為には、直前のレートや前日のレートを保持する必要があり、1メンドー追加。

そして、前のレートと、現在のレートの変化を計算して、1メンドー追加。
合計3メンドー追加の、6メンドーになってしまいました。
でも、まだまだ、続くんですよ。

このレートを元に、変動するポイントの価値を、固定化する必要がでてきます。
この処理では、まずは、変動する方のポイントが無くなるので、1メンドー。
さらには、その分のポイント原資が無くなるので、1メンドー。

2メンドー追加で、合計8メンドーになってしまいました。
ちなみに、固定化する際に、固定のポイントが増えますし、そのポイントをつかった場合は、固定のポイントが減ります。
さらには、固定ポイントの総数も計算する必要がありますが、これは、固定相場制ポイントと同じなので、メンドーはカウント無しです。

いや~、恐るべし、変動相場制ポイントシステム・・・。
変動するだけで、最低でも8メンドーも増えてしまったんですよ!!!!
単なるポイントの増減だけが、余計に、ポイント原資や変動するポイントを考慮する必要があり、処理が複雑になるんですよ・・・。

しかも、各コーナーの共同オーナー制度を用意して、オーナーにも、別の変動するポイントを付与しますので。
もう、とてつもないメンドーが増える・・・。
エンジニアのメンドーをつぶやく、マストドンのインスタンス「めん丼」でも作ろうかな・・・。

というように、今、整理整頓中。
一度、ベースは構築したのですが、もう一度、流れを整理し、重複する処理は関数化?モジュール化?して。
なるべく、無駄の無い、負荷の無い、システムにしたいと思います。

変動する恐ろしさ。
皆さんも、固定のモノを、変動させ、苦しんでみてください!
きっと、その先には、今泉兄の変動相場制ポイントシステムと同じく、とてつもない楽しさが待っていますので!

DIGITAL STREET

【コラム】元々固定のものが、変動すると、どうなるか!?

我が社のポイントシステムは、価値が随時変化するという画期的なアイデアの反面、構築するが大変という事は、開発日記でお伝えしましたが。
生みの苦しみという事で、完成すれば、たぶん、すごい事に。
社運もそうですが、今泉兄の未来も、大きく変わるくらいのインパクトがあるかと思っています。

という事は、同じように、固定のモノが、変動する事になると、何かが起こりそう!?
今日は、ここを考え、新たな興奮を得たいと思います。
何かあるぞ、これには、何かあるぞ!って事で、期待しつつも、実際は何もなかったり・・・。

では、まずは、ネットサービスは置いといて。
人間の固定の部分を、変化、変動させてみましょう!
もちろん、これですよ、性別!?

古いところだと、らんま1/2。
いや~、面白かったですね。
そして、変化というよりは、入れ替わりですが、君の名は。

これまた古いところだと、映画「転校生」ですね。
性別が変わると、もう、いろいろな楽しい事や、問題が発生しますが、映画の世界・・・。
リアルな世界での、性別が変わるという事は、変化ではなく、元の性別というか、本来あるべき性別になるって事なので、今回のお題の変化や変動とは、ちょっと違う話しですし。

そして、年齢が変化する。
又は、時が変化する。
時をかける少女だったり、今泉兄の好きな、タイムトリップ、タイムトラベル系ですが、これまた、映画の話し。

人間の固定の部分を変化は、ちょっと無理がありますね・・・。
成長という変化は、当たり前の事なので、これまた、本日の変化、変動とは違いますし。
あ、言葉が変化する、語学力が付く!って事は、確かに、面白くなる。

場所を移動するって事も、旅行を含め、楽しくなる。
こういった変化は、やはり、固定、その場にいるよりも、何もかもが変化するので、楽しくなりますね。
ただ、これは、当たり前というか、もう、すでに、固定→変化で、楽しくなっていますので。

元々、固定であり、固定しか考えていなかった事ですよ!
そこに変動や変化がある事で、あれ、すごくない!?って事を、見つけましょう!
人間系じゃなくて、やはり、ネットサービスなどで考えましょう!

ちなみに、価値が変化するって事は、ポイントの価値が変動すると似ているので、ナシで。
例えば、マックのハンバーガーが、その日の全国の売上に連動して、変化する・・・とか。
これはもう、ポイントの変動相場制に近いので、面白くありません!

いずれ、そういった時代がやってきますし、スーパーの野菜などは、すでに、ある意味、変動相場制ですからね。
日々、仕入れ値や、天候や、売れ行きなどによって、価格が変化しますので。
スーパー以外の、飲食店や、モノなども、どんどん、変動相場制になるような気はしています。

特に、電子マネーや、仮想通貨が普及すれば、加速するかと。
なので、ポイントや通貨や、モノの値段などは、今日はダメです!
それ以外の何か、固定が変動する、何かを見つけましょう!

あ、間取りとか、どうでしょうか?
今泉兄の場合は、持ち家ではなく、賃貸なのですが、たまに、間取りを変化させられると、いいですね。
できれば、階層も随時変化で。

1日1階づつ上にあがり、最上階になったら、また1階に戻るとか。
ま~、高層マンションじゃないので、1階でも最上階でも、そんなに気分的な変化はないと思いますが。
高層マンションだったら、いいんじゃないですかね!?

だったら、もう、家ごと、マンションごと、日々、同じ地区で、住所が移動するとか。
場所ではなく、方向が、360度回転するレストランとか、ありましたよね。
そうそう、サイパンで食べましたよ、360度のレストランで夕飯を。

あ、これは、絶対に開発して欲しい・・・。
エアコンですよ、エアコン。
場所によって、冷えたり、冷えなかったり、あれ、最悪じゃないですか!?

なので、動くエアコン。
もう、ドローンで、空気清浄機と共に、動くエアコン。
今泉兄のように、悪臭、加齢臭がやばい人の頭上には、ずっと、そのドローンが滞在している・・・って機能も搭載です。

ドローンの空気清浄機は、何年か前に、提案したよな~。
もちろん、採用されませんでしたが、製造業の会社にお邪魔している時があり、提案したな~。
そんな時代、そろそろなんじゃないですかね~、動くエアコンと共に。

あ、ドローン扇風機は、すぐにできそうな。
そのままプロペラが、扇風機になりますので。
これは、もう、商品化されているかも知れませんね。

あれ、ぜんぜん、ネットのサービスじゃない・・・。
ま、いいや、今日は、自宅中心に考えましょう。
ベッドは、回転するベッドがあるといえば、あるので、自宅ではないかも知れませんが、すでにあるとして。

冷蔵庫はどうですかね!?
冷蔵庫の場所が移動じゃなくて、中身が移動して、まんべんなく冷える。
賞味期限が早いものが、前の方にくる、とか。

あ、洗濯ものが動くのはどうでしょうか?
物干し竿が動き、まんべんなく、洗濯ものが乾く仕組みです。
これは、すでにありそうな気がしますね・・・。

電子レンジや洗濯機は、そもそも、動いていますし。
椅子の高さは変化しますし、ソファーの背もたれも変化しますし。
あ、女性のハイヒールの高さが変化する仕組みは、どうでしょうか?

ありそうですね・・・、これは、ヒールの部分を入れ替えれば、できそうですので。
スカートの長さとか、変動制ありそうですね。
もう、自宅系は無いような・・・。

動く事で、変化する事で、その手があったか!?ってモノ。
無い、全然、無い!?
無理に変化させる必要がないって事なんでしょうね・・・。

あ、こんなのどうでしょうか?
お湯の量によって、浴槽の高さが変化して、いつでも、お湯たっぷり風になるお風呂。
お湯を節約しても、リッチに、お湯たっぷり感を味わえる、変動湯船。

電気代がもったいないのにで、横にハンドルが付いていて、人力で高さを調整するという、アナログ方式。
この際、左右も変化して、浴槽の大きさ、高さが自由自在!
少ないお湯で、体ギリギリの大きさにすれば、さらに節約して、お湯たっぷり感を味わえます!

完全に売り切れ続出の浴槽が完成しました。
今日は、これで勘弁してください・・・。
よし、風呂に浸かって、開発燃えたいと思います!

もちろん、変動浴槽を妄想しながら・・・。
実際は、半身浴で我慢しましょう。
贅沢は禁物、節約が何よりです!

DIGITAL STREET

【ダイエット報告】ダイエット115日目。画期的な体重計を考えましょう。

考えるしかありません!
コラムに続き、家庭にあるもので、変化する事で、画期的になるモノ。
しかし、体重計は、すでに目盛りが変化する事で成り立つ機器ですし。

動いたりすると、正確な体重が測れないので、変化させてはいけないモノ。
だったら、機能を変化させて、すごい体重計を作りましょう。
良いアイデアが浮かんだら、クラウドファンディングで、商品化するぞ!

では、いきますよ、まずは、ネットに接続は当たり前です。
体重、体脂肪率、そして、3Dスキャン機能も搭載して、ウエストも計測できるようにして。
クラウドで、ネットで、健康管理は当たり前。

こういったネット系の機能拡張は、なんでもできそうなので、ネット接続、ネット連動は当たり前。
そうじゃない、機能だったり、形だったり、そんな事を考えましょう。
体重を測定したら、その日の運動や食事がレポートされるなんて機能も、ダメですからね。

すでに、そういった機能は、ネットを使えば、できそうなので。
あ、AI搭載で、ダイエットを頑張れそうな会話をしてくれるなんて、どうでしょうか?
あ、これも、ネット系と言えば、ネット系ですね。

そうそう、脱衣場に置いているので、音楽が聴けると良いかも。
AI搭載を考えると、ピーカーが搭載されるはずなので、音楽はありですね。
足の裏をスキャンする機能も、いいんじゃないですかね!?

何に使うかは分かりませんが・・・。
その日の足の裏をチェックして、その足の裏にあった靴が自動的に出てくる。
もしくは、変動する靴と連動して、その日の足にフィットした、足だけにフットした靴が出てくるとか。

あ、下駄箱が変動というか、自動になり、靴を自動的に出してくれるのは、良いかも。
勝手に玄関の靴を整えたり、靴を収納してくれて、乾かしてくれて、消臭してくれて。
しかも、手入れもしてくれて・・・。

靴ひもも、緩めてくれて。
洗濯物をたたんでくれる家電も登場したようなので。
靴の紐くらいなら、なんとでも、緩ませることができるでしょう。

というか、ペッパー君に全てお願いできないんですかね、家事は全部、ペッパー君ですよ。
あ、自動でアイロン。
「やけどするから、俺には近づくな!」が、キャッチフレーズの自動アイロン。

アイロンマンって名称で、売り出しましょう。
そして、アイロンマン2とか、アイロンマン3を出しましょう。
もう、家じゅうの服や、布団、カーテンなどなど、布という布を、出かけている間に、しわを無くしてくれるアイロンマンです!

あれ、なんでしたっけ!?
あ、体重計でした・・・。
画期的な体重計、どこで、暴走したんでしたっけ・・・。

あ、靴からでした・・・。
足の裏をスキャンしたのが、間違いでした・・・。
足の話題はもう、辞めましょう。

おおお!
体重計に乗ると体重測定をして、その後、ツボを刺激してくれるでっぱりが出る!?
いいじゃないですか、足つぼマッサージ機能付き、体重計。

というか、なんで、体重計は、足を乗せるのか。
その概念に固定化されているので、ここを変化させましょうよ。
そうですね~、座って、お尻で計測しましょう!

足を地面につけると、正確な体重が測れないので、座って、お尻を体重計に乗せる。
バランスを取って、Vの字の姿勢にする。
これで10秒です!

あ、Vの字以外も、いろいろなポーズ、できそうですね。
裸だと、お披露目できないので、ジャージとかで、やりましょうか!?
いろいろなポーズで体重計に乗るシリーズで、ユーチューバーでも、目指そうかな~。

その際の体重の変化を発表して。
同じ体重なのに、一番、痩せているポーズを、ひたすら調べるユーチューブ動画。
よし、今泉兄のユーチューバーは、ここからスタートしましょう!

という事で、おしまい。
あ、体重報告でした。
こちらは、普通に計測した結果です。

身長:163cm
体重:70.1kg(±0kg)
体脂肪率:27.7%(+0.2%)
ウエスト:93.0m(±0cm)

微妙に、体脂肪率だけ増えてました。
誤差ですよ、誤差。
でも、体重計に乗るポーズが違うと、これはこれで、良い発見になるんですけどね・・・。

このポーズだと、微妙に、体脂肪率がアップする!?とか。
この場合だと、体脂肪率はアップするけど、体重が減る・・・とか。
今回は普通に計測なので、この違いは、まったく面白くもなく、歴史にも残りません・・・。

では、前日は何を食べたかというと。
朝食は、コンビニで、たまごパンと、ツナパン。
夜は、安い焼肉屋で会議だったのですが、石焼ビビンバも食べちゃいました!

でも、体重変化ナシは、いい感じじゃないでしょうか。
食べても、体重が固定。
こんな日は、固定は固定で、いいですね~。

変化する事は、可能性が広がりますが、わかりづらくなります。
なので、アイデアも、仕事も、人間関係も、何もかも、まずは、全て固定にする事。
そして、一つづつ変化させることで、一つ一つの変化が理解でき、全てを把握する事が可能になります。