schedule2017/06/12 48:24:00

広告費の支払いを、ポイントで支払う事にすると、ポイントを買う必要があり、ポイントの価値が上がる!?

日が暮れる前に、違った、日が変わる前に、ブログ執筆。
まだまだ、仕事が残っていますが、最後の大きな仕事をこなす前に、息抜きがてら、ブログ執筆。
クリエイティブ関連の作業なので、集中力を一気に高める為に、テンションを上げる為に、ブログ執筆。

そうそう、我が社のエンジニア2人が使用しているのは、Atomではなく、似ているけど違うエディタでした!!
せっかく、コレだと思って、カスタマイズ方法とか、相談しようと思ったけど、残念。
仕方ない、自力でネットで調べて、育てていこうと思います。はい。

しかし、仮想通貨は、まだまだ、意味不明ですね・・・。
ブロックチェーンも、いまいち理解できていませんし、知らない事だらけ。
ビットコインも、え!?そうなの!?って事が、毎日のように発生していて、このブログで書いている事が、全然違っている事がありますので、皆さん鵜呑みにしないように、ご注意ください。

例えば、とあるビットコインのサービスで、手数料が無料とか、少ないとか、発言しましたが・・・。
販売所だと手数料は無料だけど、ビットコインの価格が割高なので、手数料が多少あっても、取引所で入手した方が、最終的には安く手に入れる事ができたり。
ビットコインを送金する際、手数料は自分で決める仕組み!?だったり・・・。

この事だって、まだ漠然と説明を読んだだけなので、違っているかもしれませんので。
ビットコインをゲットする際は、ちゃんと調べて、理解してから、行動してください!!
ま~、多少、損しても、ビットコインの価値がアップすれば、それくらい取り戻せるかもしれませんが・・・。

そう言っていると、大暴落して、損したりして・・・。
人生そんなもんですよ、なので、今泉兄は、ビットコインをゲットしませんが。
個人的には動かせるお金は無いのですが、会社としては、我が社のポイントの原資をビットコインで保有するなど、考えております。

では、本日は、こんな感じ。
仕事が残っているので、軽く語りつつ、作業に戻りたいと思います。
やはり、今回もまた、仮想通貨であり、我が社のポイントの話しで、盛り下がりたいと思います。はい。

DIGITAL STREET

【開発日記】改め、新サービス「DIGITAL STREET」の簡易版は、こんなコーナーを公開予定です!!

遅れに遅れている、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」。
略して、デジストなのですが、ドメインも digi.st にしたので、デジストって呼んでください。
詳しくは知りませんが、たぶんデジモンストーリーというゲームもデジスト、デジタルストレートパーマというパーマもデジスト、共に仲間だと思っています。はい。

そして、それは、そのままライバルという事でして。
この3つの中で、どのデジストが勝つのか、今後の行方にご注目ください。
負けた2つは、ツイッターやインスタで、「#デジスト」ってハッシュタグを入れた際に、埋もれてしまうので、デジストって言わなくなると思います。

会話では言ったとしても、TwitterやInstagramで、「#デジスト」って入れられなくなると思います。
それが、業界の掟・・・。
勝者が残り、敗者には「ややこしいから、#デジスト って入れるな!!」と、罵声が・・・。

そうならない為にも、デジストを有名にさせてください!!
で、公開が遅れている、デジスト。
そこで、簡易版という事で、メイン機能である、チャット機能や、タイムラインにコメント投稿する機能無しで、とりあえず各種コーナーから公開する事にしまして。

その簡易版の公開もまた、遅れているという、非常事態が発生しております。
週末、少し開発を進め、今日も少し開発を進め、簡易ユーザ認証はOKでして。
後は、ポイントを付与する仕組みを搭載し、そのポイントで背景色とか変更できるようにして、とりあえずポイントを使える機能を搭載して。

その他は、各コーナーの機能なのですが、簡易版を公開してから、徐々に拡張予定です。
簡易版の公開目的は、デジストのサービスを体感してもらう事、そして、どんなサービスなのか、ポイントの価値が変動するという事を知ってもらう事ですので。
雰囲気だけ感じていただき、クラウドファンディングの資金調達に繋がれば、目的達成です。

そして、正式版に続く・・・という事でして。
ただ、一つだけ、一つのコーナーだけ、どうしてもコメント投稿が必要なんですよ・・・。
その前に、簡易版で公開するコーナーは、こんな感じになりましたので、宣伝という意味も込めて、ご紹介しますね。

まずは、今泉兄監修の、カバー動画を紹介するコーナー。
ヒュ~、ヒュ~、早くみたいぜ、早く公開しようぜ!って事でして。
単に、YouTubeの動画の中から、今泉兄が厳選した、おすすめカバー動画を紹介するだけなんですけどね。

これがもう、今泉兄は、天才なんじゃないかって事でして、聞いてくださいよ、誰も相手にしてくれないので、ぜひ、聞いてください。
まずは、同じカバー曲を歌っている動画を、左右でリンクしているんですよ。
なので、同じカバー動画が、次から次へと、視聴する事ができます。

YouTubeやグーグルで検索すればいいのですが、余計な動画や、カバーはカバーでも、あまり・・・って動画もあるじゃないですか!?
なので、厳選。
さらに、ここが独自の概念というか、今泉兄が気づいた事なのですが。

カバー動画を公開している人達って、時に、同じ曲をカバーしている事が多いんですよ。
以前、エンタメ動画を紹介するブログで、カバー動画を紹介していた際に、ふと、この事に気づいたんですよ。
なので、そのブログ記事から、カバー動画だけピックアップして、カバー動画紹介コーナーを作る事にしました。

さらに、バックナンバーを近々公開し、ブログも再開するので、ますますカバー動画が増える予定です。
で、カバー動画を歌っている人が、他のカバー動画を歌っている場合、その動画を上下でリンクする事にしました。
すると、上下は同じ人が歌っているカバー動画、左右は同じ曲を歌っているカバー動画で繋がるんですよ。

これは、百聞は一見に如かず。
いくらテキストで説明しても伝わらないので、一度、見てください。
もう、ずっとカバー動画を、100回は聞きまくっちゃうと思うので、一見は百聞に繋がるんです!!

あ、ダメダメ、今日の趣旨は、ここじゃないですよ、カバー動画コーナーは、いいんですよ、過去にたくさん語ったので。
まずは、どんどん、簡易版のコーナー紹介をしちゃいましょう。
このカバー動画コーナーの機能を元に、スタッフがアニメ系が得意なので、アニメの動画紹介コーナーも公開する事にしました。

上下左右は、どのようなリンクにするかは、スタッフが今、考えていますが、この十字検索は、ほんと、どんな分野でも、便利になるだろうな~って事でして。
さらに、上下左右に前後を加え、360度検索も、考えていますので。
アニメの場合だと、左右がアニメの種類で、上下は動画の種類、予告編とかオープニング曲とか、エンディング曲とかで、さらに前後が2017年夏アニメなど、シーズン別って感じですね。

そして、このアニメ動画コーナーに連動するのが、ディレクトリ型の、ある意味まとめコーナー。
少し前に、デジストでは、まとめコーナーを公開していまして。
その中でも、とある企業への提案の為の、実験というか、お試し版で、アニメのまとめ中心に試験運用していました。

残念な事に、成約には至らなかったのですが、考えていたまとめコーナーを形にはできたので、デジストのコーナーとして正式に採用しよう!って事になりまして。
というか、実は、デジストのベースとなる部分なんですけどね、このまとめコーナーが。
ベースの機能なので、まとめとは言わず、ディレクトリ型の単なる検索機能なのですが。

検索結果が、まとめになっている感じです・・・。
あ、これも、また、百聞は一見に如かずでした・・・。
そのディレクトリ名、その単語の、概要と、関連リンクと、関連動画と。

ここに、その単語専用のチャットルームと、タイムラインが搭載されるって事です。
それが、デジスト、それがデジストのサービスです。
単語毎にチャットルームとタイムラインが用意され、その集合体が、デジストなんですよ。

はい、整理しますね。
カバー動画紹介コーナー。
アニメ動画紹介コーナー。

付随して、各アニメ作品の概要とリンク集。
もちろん、ここにも、アニメ動画紹介コーナーで紹介した動画も掲載されます。
アニメ作品の他、監督や声優の方々、制作会社などのディレクトリも、用意します。

というか、やはり、まとめって名称にしようかな・・・。
悩む・・・。
ここは、今後の課題という事で、次回以降のブログで迷いましょう・・・。

で、この3つのコーナーを公開して、デジストのサービス概要も発表ですよ。
その後からは、一気に拍車をかけまして・・・。
クラシファイドコーナーも公開しちゃいます。

この辺から、少し、インタラクティブというか、ユーザの皆さんからの情報提供が重要な要素。
フォームを用意する前に、まずは、メールでの情報収集にしようかと思っていますが。
クラシファイドサイトって事で、地域の宣伝、地域の広告を扱います。

お店の宣伝とか、イベントの紹介とか。
売ります、買います、あげます系は、後に集めるとして、まずは、その地域密着の情報からのスタートを予定しております。
これがクラシファイドコーナーです。

全て、チャットルームと、タイムラインが搭載される事で完成するのですが、まずは、雰囲気だけですからね、簡易版の場合は。
で、ここで問題発生ですよ、ここからが本日の本題です。
もう一つ、大きなコーナーが、このコーナーが一番、デジストっぽいコーナーというのがあるんですよ。

そのコーナーを、クラシファイドと同じく、公開後の第二弾辺りに、公開しようと思っていまして。
そう、それが、イツナニミルという、デジスト独自の概念のコーナー。
そうです、同時体験を共有するのが、デジストなんですよ。

なので、イツ、ナニ、ミル、って事でして。
イツ=同じ時間に、ナニ=同じ作品を、ミル=見ましょう!ってサービスでして。
いつ、どんな作品を見るかを宣言して、みんなで同じ時間に、その作品を見て、チャットしたり、タイムラインに投稿したりするサービスです。

なので、このコーナーも、事前に簡易版として、公開。
メールなのか、フォームなのかは別として、投稿してもらうんですよ、申請してもらうんですよ。
いつ、どんな作品を見るのかを。

でも、ありませんよね、何かがありません、簡易版には。
そうでございます、チャット機能がないんで、ございます。
なので、同じ時間に同じ作品を見ても、会話ができません!!!!

さらに、タイムラインがございませんので・・・。
ラピュタを見ても、ジブリ!って、違う。
パズー!って、違う。

いつも、忘れるんですよ、あの単語を、なんでしたっけ!?ジブリ祭りじゃなくて、パズル祭りじゃなくて、あの単語を。
パズーは男の子の名前で、バルサ!?
違う、ゴキブリ系だ・・・。

あ、バルス!、そう、バルス祭りですよ!
それが、できないんですよ、タイムラインが無いので・・・。
そこで、禁断の方法を思いつきました・・・。

そう、臨時にマストドンを立ち上げる事。
イツナニミル丼を立ち上げ、イツナニミルマストドンを立ち上げ、ハッシュタグは、作品名と時間を融合したものにする。
例えば、♯2017_0613_2300_ラピュタ のように、年月日時分と作品名にして、トゥートする。

でも、一時的ですので・・・。
後に、独自の会員機能と、タイムラインを用意しますので。
融合するなんて事は、例のライセンスの問題で、我が社の変動するポイントの特許が無法地帯になるので、それは絶対にできない事ですので・・・。

あ~、残念。
そこで、ツイッターを利用する事を考えています。
でも、年月日時間分は、面倒なので、作品名のハッシュタグだけかな~と。

そして、#イツナニミル のハッシュタグも入れてもらって、検索かな~と。
その検索タイムラインのウィジェットを、デジスト内に設置して、楽しんでもらおうかな~と。
嫌だな~、やっぱり、時間を共有したいので、独自のタイムライン用意したいな・・・。

という事で、手軽に専用のタイムラインを用意できるサービス。
アリだと思います!
ツイッターのように、広い世界ではなく、閉ざされた世界のタイムライン。

それを手軽に作れるのが、デジストです。
シェアハウスって名称で、チャットルームも、もれなく搭載されますので。
チャットルームはOFFにしてもいいですし、タイムラインをOFFにしてもいいですし。

さらに、その時間が来たら、タイムラインが公開されるという、イツナニミルのように使う事もOK。
使い方は、皆さん次第。
正式版公開まで、そして、簡易版公開まで、気長に待ちましょう・・・。

イツナニミル、イツナニキク、イツナニヨムなど、イツナニスル・シリーズって事で。
同じ時間に、同じものを食べる、イツナニタベルとか、イツナニノムも、公開するかもしれません。
その為にも、ツイッターでもない、マストドンでもない、デジストのタイムラインを完成させたいと思います!

DIGITAL STREET

【コラム】自社サイトの広告を、自社ポイントで購入してもらうと、ユーザメリットかも!?

タイミングがいいのか、悪いのか。
海外では、仮想通貨と広告を連動した何かが動いているとの事。
日本でも少し前に、仮想通貨と広告が連動した何かが動き始めました。

そして、我が社のビジネスモデルは、広告の売上に連動して、ポイントの価値が変動する、変動相場制ポイントシステム。
広告の売上に連動じゃなくても、宣伝費と連動したり、ポイントの原資を固定費にするなど、いろいろなパターンがります。
会社の売上に連動でも、もちろん、構いません。

何かしらの固定費や、固定割合でポイントの原資を確保し。
付与したポイント総数から、ポイントの価値が、日々変化する、随時変化する。
それが、変動相場制ポイントシステムで、我が社オリジナルで、特許取得済みの概念だったりします。

で、似ているのが、仮想通貨。
仮想通貨は、なんだか、価値が変動するのが、当たり前になっておりますが。
変動しない仮想通貨だって、あるかとは思います。

でも、ビットコインを代表とする、ブロックチェーン技術を活用した、仮想通貨。
価値が変動するので、投機という側面もあり、現在、話題も価格も沸騰中。
そこに新たに出てきたのが、たぶんICOという単語!?

なんでも、仮想通貨を発行し、資金調達して、うんちゃら、かんちゃら。
その一つの会社が、仮想通貨を広告に活用するって事で、似ている・・・。
たぶん、デジストのポイントは、現時点ではまだ、仮想通貨では無いのですが、何かが似ている・・・。

そこで、いつものように、シミュレーションという名の妄想コラム。
登場人物は、こんな感じです。
まずは、自社ポイントである、デジスストーン。

あ、デジストのポイント、デジストーンとは関係ありませんので。
たまたま、今回の物語の登場人物として、同じ名称のデジストーンが登場って事でして。
たまたまですし、現時点では、架空のお話しです。

そして、もちろんですが、ユーザの皆さんに付与するポイントが、デジストーンです。
デジストのように、アクセスするだけでポイントが貯まるサービスにしましょう。
その方が、わかりやすいですし、話が早いですので。

続いては、広告枠。
自社で運営するサイトの、いろいろなところに広告を掲載できる広告スペースです。
もちろん、有料ですので、企業の皆さんが購入します。

さらに、代理店さんも登場してもいいのですが、企業の皆さんとチームという事で、企業の皆さんの一員として、今回は、わき役という事で。
でも、実際は、広告代理店の皆さんが、主役だ!って言ってもいいくらいに、ネット広告では、重要な存在。
今回は、特等席で、ご覧ください。

そして、広告料金。
ここが今回の主役ですね、そう、広告料金が、ポイントである、デジストーンなんですよ!
デジストーンを持っていないと、広告を出稿する事ができません!

で、サービス公開前夜。
アクセスするだけで、ポイントが貯まるサービスという事を聞いた方々が、殺到し。
事前会員登録ですよ、まだサービスが公開されていないのに、100万人、いや300万人の会員登録がありました。

あ、前夜の1日だけだと、アクセス殺到して、サーバがパンクして、サービス公開が遅れそうなので・・・。
そうですね~、3ヵ月前に告知したら、大人気。
気づけば、サービス公開1ヵ月前には、300万人もの事前会員登録が行われたって事にしましょう。

その事に気づいた、広告代理店の方々が・・・、って、登場してるじゃないですか!?
広告代理店の皆さん、特等席で見ている場合じゃないですよ、きてくださいよ、出番ですよ、出番!
という事で、広告代理店の方々の協力の元、サービス公開当初から、広告を掲載する事に。

しかし、現金では買えないんですよ、このサイトの広告枠は。
そう、デジストーンが無いと、広告を出す事ができません。
デジストーンを入手するしか、広告枠を買えないんですよ、そういった仕組みにしたんです。

そこで、広告代理店さんのアドバイスの元、企業の広告担当の方が、デジストーンを買う事に。
なんと、デジストーンを購入できる場が、すでに用意されていたんですよ、このサービスとは別の場所、デジストーン取引所です。
そこで、無事、デジストーンを購入する事ができ、サービス公開時には、ちゃんと広告掲載ができまして。

いや~、よかった、よかった。
その企業の商品も売れまくりで、みんなハッピー。
そんな事はありません・・・。

この裏では、とてつもない事が発生していたんですよ。
まずは、誰から、デジストーンを買ったのか・・・という事でして。
このサービスの運営元、たまたまですが、デジスト社という会社が、仕組んでいたんですよ、全てを。

サービス公開の2ヵ月前の事。
このビジネスモデルはすごい事になる!って、自画自賛して、デジストーン取引所をオープン。
計算通りに進めば、年商10億円にはなるだろうという計画の元、10億円分のデジストーンを販売。

そこに目を付けた人々が、10億円分のデジストーンを購入したんですよ。
その多くを買ったのは、広告代理店。
約8割のデジストーンを購入したのでした。

残りの2割は、個人の人。
デジスト社の取引先や、知人、友人が、デジスト社が頑張るなら、応援するぞ!って意味で、購入してくれました。
ただ、実際は分かりませんよ、誰が、どんな理由で、いくら分、購入したのかは・・・。

そして、サービス公開の1ヵ月前。
すでにこの時点で300万人の会員登録がある事を知っている代理店は、企業の広告担当者に提案したんですよ。
良い広告枠があるので、よかったら、どーぞ、と。

そして、デジストーンを購入しないと、広告が出せない事を説明し、取引所で手続きを行いまして。
その際、早めに広告枠を押さえないと、広告が出せませんので、早めにデジストーンを購入しましょう!って事で、わけもわからず、デジストーンを購入。
ただ、他の広告商品の相場と比べても、特に可もなく不可もなく、無事、デジストーンを購入し、広告掲載の準備完了。

もちろんですよ、計算すれば、それくらいの事は、何とでもできますので。
まずは、会員数から、想定される広告枠の価格を計算。
例えば、1枠100万円だとします。

そして、デジストーンも、わかりやすく、購入時は1ストーン=1円とします。
なので、通常なら、100万ストーンで広告枠を売るのが良いのですが。
ここで、ギミックですよ、ギミック。

なんと、80万ストーンを、100万円で販売するんですよ。
そう、広告枠を80万ストーンという価格に設定したんですよ、広告代理店と相談して。
そして、デジストーンは、その瞬間、1ストーン=1円が、1.25円に!!

この時点で25%の価値がアップ。
友人、知人も、この流れに参加して、儲かる人、続出。
あっという間に、10億デジストーンが広告を出したい企業に売買され、さらに企業→デジストに戻ってきたんですよ、広告売上として。

そして、この戻ってきたデジストーンですが。
どうなるかというと、会員の皆さんに、無料でばら撒くんですよ、アクセスしてくれた方々に。
今現在で、1ストーン=1.25円のデジストーン、大人気になります。

どれくらいで1ストーンもらえるかは別として、無料でポイントがもらえるって仕組みですので。
でも、中には、貯まったデジストーンを、手放さない人もいますよね。
広告を出したい企業の方々が、取引所で買ってくれるのに、まだまだ値上がりするんじゃないか!?って事で。

そうなると、企業の方も、多少高くても、デジストーンを買わないと、広告が出せなくなります。
しかも、絶妙なバランスで、デジストーンの価値がアップしたって事で、広告枠の価格を下げるんですよ、1枠80万ストーンだったのを、1枠70万ストーンにするなどして。
この事で、1枠100万円だとしても、1ストーン=1.4286円で買い付けても、広告を買う企業は、まったく損した事にはなりません。

そうすると、価値がどんどんアップする、デジストーンをゲットしたい人が殺到し。
アクセスが増え、広告が見られる。
すると、デジストーンが貰える。

そのデジストーンを、企業の方が割高でも買い、広告を出す。
そして、そのユーザは、その企業の商品を買う。
企業は、その売り上げで、ユーザからデジストーンを割高でも買う。

実際は、広告枠の価格は変化していないので、割高でもなんでもないんですよ。
広告枠の販売価格は、デジストーンの価値に反比例しているので、企業側は、何も損がありません。
なので、デジストーンの価値だけが、どんどんアップ!?

って、デジストの変動相場制ポイントシステムが生まれた理由が、まさに、この循環からだったので。
ポイントを中心に、デジスト→ユーザ→企業→デジスト→ユーザって、流れが発生すれば、いい感じになるんじゃないかと。
元々、サイト⇔企業という2つの流れに、ユーザの皆さんが参加すれば、すごい事が起こるんじゃないかって事でして。

原点に戻ったという事でして・・・。
単に、ポイントではなく、仮想通貨になっただけで、概念はまったく変わっていませんでした・・・。
結局、デジストという経済圏で、どう、お金であり、ポイントであり、仮想通貨を回しながら、この経済圏の価値をアップさせるかって事で。

国と同じ、世界の経済と同じですね・・・。
って事ですよね!?ICOって。
違うのかな・・・。

ま、いいや、もう少し調べてみましょう。
という事で、需要と供給のバランスをうまく観ながら、調整しながら。
国の紙幣とか、円とかと同じですよ。

そして、デジストとしては、はじめにばら撒いた10億円で基盤を作る。
もちろん、100億円でも、1億円でも、その辺は、空気を読みながら。
そして、取引所の手数料と、広告を販売した際の手数料で、日々の運営費をまかなう。

時に、デジストーンを供給し、軍資金を増やす。
ただ、デジストーンの価値が下がらないように、うまく調整。
価格が沸騰しすぎたら、デジストーンを無料で付与する量を増やしたり、デジストーンを供給して、熱を冷ます。

価値が暴落したら、デジストーンを買い取ったり、無料で付与するデジストーンの量を少なくするなどして、価値を調整する。
そんな事だとは思っています。
ちょっと整理して、可能かどうか・・・。

初めから、デジストーンを仮想通貨にする案、もう一度、真剣に調査してみたいと思います。はい。
時代的には、アリなんですよね・・・。
海外では、そんな時代になったようですので。

日本でも、1億円以上、集めたところもあるようですが・・・。
もっと話題になってもいいのに、まったく話題になっていない理由が、微妙でして・・・。
怪しいとか、詐欺だとか、言われてもいるようがなので、少し慎重に行動しようとは思っています。

我が社なら、10億円くらい、いけそうな気がする~、って、妄想上は自信満々ですが、まだまだ知識不足でして。
ちょっと頭を整理して、考えてみたいと思います。
仕組みは後からでも、大丈夫のような気もしますので。

まずは、デジストの広告枠だけの利用なら、ブロックチェーンにする必要もなく、取引所も必要ないですから。
これは、明日の課題ですね。
明日また、実際のデジストの場合で、シミュレーションしてみたいと思います!

仮想通貨と広告なのか、ポイントと広告なのか、さらには、仮想通貨とポイントを併用するのか。
何か、ここに、今後のヒントがありそうな・・・。
少し時間をください!

DIGITAL STREET

【ダイエット報告】ダイエット100日目。ダイエット本番は、今日からじゃなく、明日からです!!

100日目からダイエット本番の予定でしたが・・・。
ブログは100日修行してからが本番だと、勝手に思い込んでいますので。
ダイエットも、ブログに合わせて、明日から本番って事にします。

なので、今日はさぼり・・・。
早速、食レポートから見てみましょう。
といって、またまた、この辺から、ブログを書いている日が変化しております。

最近、体力が無く、ダイエット報告の前に、爆睡・・・。
日中は仕事が忙しく、気づけば、24時間くらい経っております・・・。
なので、思い出せるか、食レポ、行ってみましょう。

その前に、体重からです!!
太る日ですね、前日のブログを見て確認しましたので、たぶんそうです。
さて、どうでもいいですが、太れているのか、見てみましょう。

って、ここ最近、というか、今までずっと、ダイエット報告が適当になっている事が、お分かりかと思います。
そう、今泉兄、今、非常に忙しい・・・。
時間を使うのが下手なので、大変な事になっております!!

身長:163cm
体重:69.2kg(±0kg)
体脂肪率:26.8%(+0.5%)
ウエスト:92.0cm(-1.0cm)
開脚角度:126度(+3度)

はい、体脂肪率が増えたので、太った事にしましょう。
あれ、開脚ストレッチはさぼったのに、少し脚が開いた!?
一応、当たり前だと思いますが、下記の本で開脚を目指しております!!



あれ、そろそろ、2週間目のストレッチにバージョンアップじゃないか!?
やばい、やばい、そうでしたよ、そう、そろそろですよ、たぶん、2週目に突入のはずです!!
ま、サボり期間という事で、次回から・・・。

あれ、本は、どこだ!?
どこにいった、我が開脚マニュアルの本は・・・。
この後、探して、やってみましょう、第2週目の開脚ストレッチを。

そして、痩せて、細マッチョになって・・・。
今年のプールサイドでは、準備運動するフリをして。
開脚自慢しちゃおーっと。

ベターッて、やって、そのまま寝ちゃおう。
開脚しながら、眠ろう・・・。
その前に、ひじすらつかないんですけどね・・・。

本当に、ベターッてなるんですかね!?
そして、またいつもの事ですが、何の意味があるのでしょうか・・・、このベターッてなる事に。
それは、経験した人しかわからない事、経験してわかる事。

何事も、経験してから、語りましょう。
フルマラソンも後半は歩きましたが、一応、完走、いや、完歩した事で、わかった事がありますので。
練習無しにフルマラソンは、危険です!!って事が、走り終わった時、いや歩き終わった時、知りましたので。

そして、声援が、ほんと、何よりもうれしかった事。
途中で、観客の誰かが貸してくれた、サロンパス系のスプレーが、あんなに助かるとは、思ってもいませんでした。
途中のバナナも、途中のドリンクも、ほんと、ほんと、命を繋いでくれましたので。

あれが最後だったな~、長距離マラソンは。
今泉弟は、いまだに、新宿のマラソン大会に出ているようですが。
今泉兄は、どこかのフルマラソンを最後に、マラソンは不参加です。

普段のジョギングすら、サボり中。
朝のウォーキングも、気づけば、無かった事にしていますね・・・。
どこかで、どこかで・・・と思っていても、ついつい、忙しいを理由に、ダイエットもサボり中。

でも、明日から101日目ですので。
やりましょう。
って、実はもう、今日ですが・・・。

ま、とりあえずお風呂に浸かり、反省。
そして、次回のブログを書いてから、自問自答して。
今日は、寝ます・・・。

ではでは。
やっと今日で、100日ブログ修行が終了という事で。
これで、グーグル検索にも、少しはいい感じで、掲載されるかと思いますので。

次回より、アクセス数を狙っていきます。
ほんとかな・・・。
ま、徐々に、アクセスアップ、狙いますよ!!

あ、食レポせずに、終わるところでした・・・。
太る日なので、どうでもいいですが、サンドウィッチをいただきまして。
さらに、何か食べたような気もしますが、たぶん、コンビニでパンだったような、そんな感じでしたが、まー、これで良しとしましょう。

この世に3人は同じ顔の人がいると言われているように。
この世に、同じ事を考えている人が3人はいます。
その中で、たった一人だけ、一番初めに行動した人が、一番になれます。