schedule2017/04/29 24:49:49

ヤフーの前社長である井上さんとの、たった数時間ですが忘れられない想い出。

今日、ニュースを見て、びっくりしました。
ヤフーの前社長である、井上さんが、事故でお亡くなりになったというニュース。
すぐに、今泉弟にメールしました。

17年半前に起業した頃は、いろいろな方にお会いしました。
いろいろな経営者の方にお会いしました。
井上社長とも2回だけですが、お会いし、お話しした事があります。

今日は、今泉兄の起業家人生の中でも、永遠に忘れる事がない、井上社長との出会い。
そして、ほんの少しだけ時間を共にさせて頂いた想い出。
今後も、井上社長の言葉を胸に、起業家を続けていく決意表明。

そんな事を語りたいと思います。
もしかしたら、もっと多くの時間を共にできたかも知れませんが。
後悔はしていませんが、もう一度、会えることなら、会って話を聞きたかったな~と思います。

DIGITAL STREET

ヤフー元社長の井上さんは、今泉兄の起業家人生のお手本です。

1995年に、パソコンの事もわからず、インターネットの事もわからず、この世界に飛び込んだ今泉兄。
1年も経たないうちに、ヤフージャパンが登場。
これからは検索だ!と直感で思って、ヤフーの求人コーナーを覗いた記憶があります。

小さいころ、電話番号を調べたい人と、電話帳に載せているお店や企業を、繋ぐことができれば、ビジネスになるのでは!?と、個人的に感じていた今泉兄。
検索エンジンは、まさに、この事なので、すぐに検索エンジンの魅力にとりつかれました。
しかし、学歴ナシ、職歴ナシ。

何度もヤフーの求人情報を見ては、断念し。
でも、応募してみようかなーと思い、また断念。
結局、だったら、自分で検索エンジンを作るぞ!って事にして、ヤフーへの思いを断ちきりました。

しかし、ヤフーが誰よりも好きな今泉兄。
もう、いつでも、どこでも、ヤフーが、ヤフーが、と、ずっとヤフーを追いかけていました。
ある意味、ヤフーのファン。

もう、ヤフーになりたい、ヤフーがやりたい、ヤフーに入りたい!って。
その反動で、ヤフーを超える、ヤフーを潰すって、暴言を吐きまくり。
その思いが強すぎて、実際に、検索エンジンを作る事にしたのですが、賛同してくれたのは今泉弟だけ。

検索エンジンの作り方を弟と勉強し、後に、ヤフーと差別化する為に、新しい情報だけに特化した検索エンジンを作る事にしました。
確か、1998年末から1999年に完成。
サービス名をOH!NEW?とし、最新総合サイトとして、ヤフーを追いかけ始めました。

その直後の1999年3月4日。
今泉弟のアイデアで、だったら、iモードの検索エンジンだ!って事で、パソコン検索エンジンから、iモードの検索エンジンに方向転換。
1日でOH!NEW?をiモード検索エンジン用にカスタマイズして、iモード専用サイト検索エンジンOH!NEW?が誕生しました。

OH!NEW?は3日で有名になり、半年後には起業。
実は個人で運営していたという事を公にしたことで、また、兄弟で起業した事で、一躍注目され。
OH!NEW?と共に、今泉兄弟もまた、業界では有名になりました。

講演をすることも、たびたびありまして。
そんな時、取引先の方から、ヤフーの人を紹介したいと、オファーがありまして。
ま~、誰よりも、ヤフーが大好きな今泉兄にとっては、光栄な事でした。

講演が終わり、カフェで顔合わせ。
もちろん、iモードの検索エンジンがすごい事になっている事を隠す為に、テンションを下げながら、下を向きながら、面談しまして。
多分、適当な事を言って、その会は終わったかと思います。

しかし・・・。
もちろん、ばれていまして・・・。
後で聞いたところによると、目が生きていた!、目が生き生きとしていた!との事。

目は口程に物を言うとは、まさにこの事で。
口では、大した事ないですよ、って言ったはずが・・・。
すでに、iモードの可能性、ケータイによるインターネットの可能性を、肌で体感していたので、それが目に出てしまっていたと・・・。

そして、ヤフー本社に呼ばれまして・・・。
もう、感動を通り越して、今泉兄、確か、入口で、ヤフーのロゴを前に、記念撮影したんじゃないか!ってくらいに、大喜び。
あ~、ここに、まさか、ここに来ることができるとは・・・。

あれから、4年。
1996年にヤフーを知って、憧れ、2000年に、この場に立つことができるなんて。
ほんと、幸せの瞬間でした。

その後、打ち合わせ室に通されまして。
そこでお会いしたのが、もちろん、井上社長。
もう、うれしくて、うれしくて、今までの経緯を、全て話したんですよ!

本当は、ヤフーに入りたかった事。
でも、職歴も無く、学歴も無いので、何度も求人ページを見ては、断念。
履歴書を送ろうと思ったり、ヤフーの本社の前で直談判しようとも思っていた事を。

あまりに検索の魅力、ヤフーの魅力にやられてしまって・・・。
仕方ないので、もう作るぞ!って事で、作ったのがOH!NEW?という事。
こんな展開がありえるんだ!って事自体にも興奮した記憶があります。

そしたら、井上社長が、くればよかたのに、と。
そしたら、今頃、一緒に、仕事していたかもしれなかったのに!?と。
ヤフーが誕生した時の事や、事務所に毎日泊まって、大変だった思い出話などを、話してくれました。

もう、なんでしょうか、あの感じは。
うれしい!ってこの事だな~と。
夢って叶うんだ!ってこの事だな~と。

確か、27歳の青年だった今泉兄。
もう、ほんと、ほんと、幸せだ~!!!って、感無量でした。
そして、その先が、またすごい展開でして。

もちろん、買収のお誘いです。
というか、合併のオファーでした。
一緒に、やろう!!ってオファーでした。

新しくモバイル部を作るから、合併して、協力してくれとの事。
わかってはいましたが、ここで「はい!」と、言えば、長年の夢、ヤフーに入る事ができます。
大・大・大好きだったヤフーの社員になれ、ヤフーの検索エンジンを運営できる。

しかも、約1年運営してきたケータイ検索サイトですから。
誰よりも、今泉兄弟が適任者だという事は、自分たちも知っています。
しかも、日本最大の検索サイト、ヤフーからのオファーで、もちろん最高のポジションです!

そして、話しは、一気に具体的な事。
そう、合併という名の買収の条件です。
いくら欲しい!って、率直な質問でした。

実際の単語は忘れましたが、直訳すると、この事です。
合併の条件は?と、聞かれたのかも知れませんし。
どれくらいだったら、了承してくれる?って事だったのかも知れませんが。

何しろ、OH!NEW?をいずれ閉鎖し、ヤフーモバイルとしての人生。
今泉弟の方を向き、弟がどんな事を考えているのかは、もちろん、わかりませんが。
今泉弟の顔を見た後、今泉兄は、こう言いましたよ。

サラリーマンのままだったら、生涯で3億円稼ぐって、どこかで聞いた事があるので、兄弟二人なので、3億と3億で6億円。
そしたら、いいよ!って井上社長が、即決!?
恐るべし、ヤフー。

何の躊躇もなく、即答で合併条件が決まりました。
ところが、今泉兄の人生は、いろいろありまして・・・。
先日語った焼肉屋の大失敗もあり、27歳でも、結構なマイナスがあるじゃないですか・・・。

兄弟は、この穴埋めをする事も、一つの使命であり、夢であり。
だからこそ、富士通の子会社でそのままサラリーマンを続ける分けには、いかなかったんですよ。
この辺のプライベートであり、起業家を選ぶしかなかった、いや選びたかった理由なども話しました。

そしたら、その金額も聞かれまして。
適当に5,000万円くらいあれば・・・と答えたところ、またも即決。
それは、現金で支払うよ!って事でして。

合併なので、6億は株式の交換。
しかし、マイナス分は、現金が必要だって事を察知してくれて、現金で即払い。
ところが、まだまだあるじゃないですか!?

そう、我が社には、当時、スタッフが4名いまして・・・。
彼ら彼女らは、どうなってしまうのかが、やはり、気になります。
いくら、当時、給料はゼロのボランティアスタッフでも、自分たちだけ億万長者になるのも、なんだかな~と思いまして。

すると、なんとなんと。
これまた、即決で、スタッフみんなをヤフーに連れてきてOK。
又は、一人1,000万円用意するから、退職するものありで、選んでもらってくださいって事でして。

総額6億9,000万円のオファー。
額もすごいのですが、それよりも、今泉兄弟のストレスを全て取ってくれたんですよ!
井上社長いわく、その会社と合併するという事は、経営者の人生、その起業家の人生に責任を持つ事。

その起業家の夢をその時点で全て叶えてあげないと、合併なんてうまくいかない。
それが買収する側の責任って事でして。
実際の言葉は、もう忘れましたが、そのようなマインドを教えてくれました。

いや~、デカい、デカすぎる・・・。
これで何のしがらみも無くなり、なんの不安も無く、後は、サインするだけ。
本来なら、そうなんですよ、本来なら。

この日は、初日だった事もあり、終わりまして。
続いて、数日後だったと思いますが、表参道のお寿司屋さんで、食事会になりました。
そこはもう、別世界でして・・・。

お寿司屋さんなのに、お寿司が出ないんですよ!
刺身ですよ、刺身。
あれ、ごはんが下に無いぞ!って。

もちろん、そんな事も知らず、かといって、お寿司はどこですか・・・とも聞けず。
若いんだから、食べろ!食べろ!って言われまして。
思わず、初めの刺身を取る時、兄弟の箸がぶつかってしまいましたよ。

で、食べたのが、赤身の刺身。
その横には、大トロがあったのですが、兄弟は、そんな存在をしならないので、見たことがある赤身。
若いんだから、大トロ食べな!ってツッコミをいただきながら、大トロをいただいた記憶があります。

さらに、続いて、白身の魚。
その白身を醤油で食べようとしたら、違う、違う、白身はポン酢!
そんなツッコミをいただきながら、またまた、白身をいただきました。

知らない!って・・・。
数年前は、フリーターですよ、今泉兄なんかは。
若干、27歳の青年が、高級な、しかも表参道のど真ん中の寿司屋なんて、行った事ないですから・・・。

そんなこんなで、いろいろと話をして、話しを聞いて、楽しかったな~という記憶だけがあります。
なかなか、お寿司が出てこないので、後半、さすがに出してもらったような・・・。
その時も、ウニには目もくれず、赤身の握りを食べる今泉兄弟。

ウニ食べろ!ウニ食べろ!って、あまり好きじゃなかったウニを、無理やり食べた記憶があります。
結構な金額だったと思いますよ。
大接待ですよ、大接待!

そうそう、井上社長に、どれくらい株もってるの!?って聞きましたよ。
そしたら、言えませんが、すごい額でして・・・。
いや~、すげー、デカいっすよ、井上社長!って。

まだ2回目ですが、もう、後半になると、ほんと、仲良くさせていただきまして。
たった数時間ですが、いや~、楽しかったし、勉強になりました。
途中、初めにお会いした、井上社長の側近の方が、酔って眠ってしまって・・・。

その方の頭を、井上社長が叩きながら、起きろ!起きろ!って起こしている姿をみて。
あ~、仲良しなんだな~、フレンドリーな関係なんだな~と。
井上社長のような経営者になりたいな~と、感じた記憶があります。

井上社長と、一緒に仕事したら、楽しいだろうな~と。
もっと、もっと、ヤフーの歴史や、今後を、共に作ってみたいな~と。
ただですよ、ただ、もちろん、そうですし、あとちょっとで、もしかしたら、合併のサインをしていたんだと思います。

ところが、そのお店には、宮沢りえさんが、たまたまいまして。
6億の合併より、宮沢りえさんの事が気になって、気になって・・・。
途中、今泉弟がトイレに行った際に、宮沢りえさんが、いないんですよ、お店の中に。

あれ、もしかして、トイレにいるの!?
万が一、トイレで、手を洗う際に、ぶつかってしまい・・・。
お先にどうぞ、お先にどうぞ!って譲り合い。

それがご縁で、今泉弟と、宮沢りえさんが、結婚とかになると・・・。
宮沢りえさんの旦那の兄貴って、なんだか、影薄くないですか!?
しかも、出会った日は同じ日なのに、一生、そういわれるんですよ、「今泉兄は、宮沢りえの旦那の兄だ」と。

もう、焦っちゃって、焦っちゃって、トイレに追いかけていきましたよ、今泉弟を。
そしたら、宮沢りえさんがいなく、あれ、どこにいる!?って探したら。
なんと、レジをポチポチいじりながら、遊んでいました。

いや~、焦った。
そして、ほっとしまして。
そんなこんなで、楽しい、大接待が終了。

タクシーの乗せられ、よろしくね!って言われて、表参道を後にしました。
いくら兄弟とはいえ、6億円のオファー。
どちらかが3億円欲しい!合併するぞ!!って言っていたら、合併していたのかも知れません。

ところが、タクシーに乗って、兄弟が同時に発した最初のひと事。
「宮沢りえ、いたな~!!!!!」
これで、今泉弟も合併する事に興味がない事を知った今泉兄。

後はどう断るかを兄弟で相談して、後日、丁寧にお断りしました。
人生お金じゃないし、後でネタになる方、笑える方にしよう!!って事でして。
後に、人生、お金が何よりも大切な事を知り、苦労する事になるのですが、ネタになり、みんなに笑われるで、目的は達成されました。

そして、現在。
会社がピンチになった、昨年末の事。
井上社長、何してるんだろね~って、今泉弟と話した事があります。

井上社長なら、たくさんお金持っていると思うし、新サービスの事を理解してくれると思うから、投資してくれないかね~って、冗談半分で会話した記憶があります。
ヤフーに入社したかった事を、はじめてお会いした際に伝えた時のように。
後に、井上社長と再会できたとしたら、「なんだ、言ってくれれば、投資したのに~」って、なっていたかも知れませんね。

あの時、合併していたら、近くで仕事をしていたのかも知れません。
井上社長がヤフーを去る時、一緒に辞めて、今頃、一緒に遊んでいたか、一緒にベンチャーしていたのかも知れません。
そんな仲にはなれず、社長と社員という関係で終わっていたのかも知れません。

ただ、言える事は、井上社長が自分たちにしてくれたオファー。
それは、事実であり、その時、受け取った言葉は、あの時、感じた事は。
今泉兄の起業家人生であり、自分の人生に大きな影響をくれました。

たった数時間ですが、時間を共にできた事は、宝物であり、この思いは、この先も、ずっとずっと、消える事は無いと思います。
相手のストレスを全て取る事で、まったく違った光が見え、ゼロから未来を、新たな夢を考える事ができるという事。
うまく伝える事ができませんが、この感覚は、とてつもない財産です。

実際は、お断りしてしまいましたが・・・。
あの時、すでに、井上社長からいただいた言葉で。
今泉兄のマイナスというストレスは無くなっていたんだと思います。

中途半端なオファーはしない事。
巻き込むなら、相手の人生に責任を持つ事。
まったくできていませんが、もう一度、あの時のオファーを思い出し、井上社長のようにふるまいたいと思います。

そして、それを次の世代の人達に伝えるのも、自分の役目かな~と、勝手に思っています。
その為にも、まずは、成功しましょう。
そして、ヤフーからもう一度、合併のオファーをいただけるように、頑張りましょう。

DIGITAL STREET

ダイエット56日目のご報告。

今回はシンプルにご報告。
昨日は、朝食は抜きで、ランチは、パン屋で買ったとんかつサンドと、アップルパイ。
おやつに、仙台でお土産として買った、萩の月をいただきましたが、とっても、おいしいんですね。

夜は、打ち合わせだったので、飲みまして。
ビールと、刺身と、ホタテと、マグロのカマ焼きなど、魚系。
炭水化物は食べず、少しだけポテトフライ。

身長:163cm
体重:70.0kg(-0.4kg)
体脂肪率:26.8%(-1.5%)
ウエスト:93.5cm(-0.5cm)

少し痩せました。
夜に炭水化物を食べないと、やはり、いい感じ。
と、ここで気づきましたが、そういった事だったんですね。

確かに、もしも、今、寿司屋で飲んだとしたら。
初めから、お寿司は食べず、刺身から入りますよね。
今だったら、トロに目が行きますし、ウニも食べますし。

また一緒に寿司屋で飲む事は出来ませんが。
井上社長のように成功して。
若きベンチャーに、この話をしましょう。

若いんだから、トロから食べろ!
白身はポン酢。
ここのウニはおいしんだぞ~!って。

相手の事を思い、相手の心をつかむ事。
それができる井上社長だったからこそ、ヤフーは成功したんだと思います。
最高の経営者で、日本最大のサービスを作った井上社長に、一歩でも近づきたいと思います。

ヤフーの前社長である井上さんとの、たった数時間ですが忘れられない想い出。
最高のオファー、最高の経験をさせて頂き、ありがとうございました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。